• TOP
  • 国内
  • 左利きだと恋のハプニングと胸キュンポイントが増える

国内

2017.08.29 16:00  女性セブン

左利きだと恋のハプニングと胸キュンポイントが増える

カウンター席では右利きの国分が右側に座るのがふたりのルールだとか

 左利きが増えたことで、世の女性には思わぬ福音がもたらされることになる。左利き男性には、右利き男性にはない女性をとりこにする魅力があるというのだ。左利き男性と交際経験を持つブロガーで作家のはあちゅうさんはこう語る。

「数学ができなくて理系男子に憧れるのと、同じ心理です。右利きの私が字も書けない、お箸も持てない左手を器用に使いこなす彼がかっこいいとなるんです」

 右利き同士では絶対に起こらない恋のハプニングも左利き男性となら起こる。

「友達だと思っていた左利きの男子とカウンターの席に並んで座っていたら、やたら私の右肘に彼の左肘がぶつかるんです。触れ合う回数が多いから、お互いに意識するようになって、そのままつきあっちゃいました」(高3女子)

 そんな右利き女子と左利き男性カップルならではの「ふたりだけのルール」が発動するところも胸キュンポイントだと、前出のはあちゅうさんは言う。

「カウンターの席に座るときは、利き腕がぶつからないようにちょっとずらして座るとか、物を渡すときに左手の方に渡すとか。だんだん左利きの彼専用にカスタマイズされていく感じが、彼女としてたまらなく嬉しい」

 左利きの落語家・林家三平(46才)と結婚した女優・国分佐智子(40才)も、カウンター席に座る時には右利きの国分が左側に座るのがふたりのルールだと言う。

「必ず私が、主人の利き手がくる左側に座ります。人様にぶつかっては申し訳ないですし、主人が腕がぶつかっても気を使わず、リラックスできるように、という気持ちです」

 また、左利きゆえの不器用さと優しさを愛おしく思うこともあるという。

関連記事

トピックス