芸能

中居正広 退社3人にヴィトンのバッグとグッチの洋服贈る

稲垣ら独立組の3人に豪華な餞別を

 新しい門出を祝福するかのような、気持ちのいい秋晴れとなった9月9日の夕方6時半ごろのこと。都内有数の高級住宅街にある低層マンションの前に、1台の白いワンボックスカーが静かに止まった。

 マンションから白いTシャツ、黒いハーフパンツの男性が姿を見せ、後部座席に乗り込む。車両にいたのは1、2分ほどだった。男性は左手に茶色、右手に黒色の大きな紙袋を大事そうに持って車を降り、マンションに戻っていった。

 その男性は、前日にジャニーズ事務所を退社し、フリーに転身した稲垣吾郎(43才)だ。彼が乗り込んだ白いワンボックスカーは、事務所に残る道を選んだ中居正広(45才)の移動車だった。稲垣とともに、草なぎ剛(43才)、香取慎吾(40才)の2人も退社していた。

 2つの紙袋に込められた中居の思いを、稲垣はどのように受け取ったのか──。稲垣が乗り込んだワンボックスカーの後部座席には、中居が座っていたかは確認できず、2つの紙袋を直接渡したかはわからなかった。しかし、それは中居からの餞別だったことは確かだ。

「悩みに悩んだすえに事務所残留を決めた中居くんは、独立を選んだ3人の門出に何もせずにはいられず、プレゼントを贈ったんです。吾郎ちゃんには自宅前で渡しましたが、スケジュールの都合で香取くんと草なぎくんにはラジオの収録現場まで中居くんのマネジャーが同じ日に届けたと聞きました。プレゼントの内容は、ルイ・ヴィトンのバッグとグッチの洋服でした」(中居を知る関係者)

 中居は『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回に合わせてスタッフ全員にスニーカーを贈ったことが知られるが、今回の餞別はとりわけ深い意味があった。

「バッグには、“これからさまざまな仕事を通してさまざまな人と出会うだろうけど、そのどれもが決して無駄ではなく、3人にとって必要なもの。そうした経験をバッグに1つ1つ入れて大事にして前に進んでほしい”という中居くんの思いが込められているそうです」(前出・中居を知る関係者)

 旅立ちの日に思わぬプレゼントを受け取った3人は、突然のことに驚きを隠せなかったという。

「バッグと洋服を合わせて何十万円もする高級プレゼントを渡されたわけですからね。3人とも、中居くんの気遣いは嬉しかった半面、“本当にもらっていいのだろうか”という戸惑いもあったそうです。しかも、中居くんからは事前に連絡もなく、本当に突然のことだったようですから。独立の経緯からすれば、3人には“中居くんにも一緒に来てほしかった”という思いもあるでしょうしね…。嬉しさやら、驚きやらで困惑したような複雑な表情だったそうです」(芸能関係者)

※女性セブン2017年9月28日号

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン