ライフ

“直葬”増加も「みすぼらしく死者が浮かばれん」と親戚批難

急増中の「直葬」でトラブル発生も

 葬儀費用の全国平均は約119万円(鎌倉新書「第2回お葬式に関する全国調査」)となっているが、近年は葬儀を近親者だけで済ませる「家族葬」や、通夜や告別式をせずに火葬場に直行し、僧侶に読経だけしてもらう「直葬」が急増している。葬儀・お墓コンサルタントの吉川美津子氏が解説する。

「家族葬といっても家族3~4人のみから、親類や友人を合わせて20~30人で行なうものまで幅広い。相場は地域によっても異なりますが、おおむね50万~150万円程度でしょう。家族葬は費用を抑えられるものの、会葬者が少なく受け取る香典が減るため、一般葬より持ち出しが多くなるリスクがある。直葬の場合は20万~30万円とより低価格になる」(吉川氏)

 鎌倉新書の調査によれば、今や国内の全ての葬式の6分の1が直葬だという(「直葬への対応」に関する葬儀社アンケート調査)。

 身寄りが不在だったり、生活保護受給者など経済的に困窮する高齢者の葬儀が増えていることが主な理由と見られているが、「一般的な家庭でも直葬を選択するケースは多くなっている」(葬儀場関係者)という。

 近年は「火葬場渋滞」という新たな問題も“死後待遇”に関わってくる。都内在住の60代男性は、数年前、母親が亡くなった際の葬儀に直葬を選んだ。

「母の葬儀にかけるお金がなく、業者に直葬を頼みました。しかし火葬場が混み合っているということで、5日ほど母の遺体を自宅で安置することになった。最初は“ゆっくりお別れができていい”と思っていました。ところが業者がドライアイスをけちったためか、遺体に傷みが目立つようになってきて……。安い業者に頼んだばかりに母に申し訳ないことをしてしまったと悔やんでいます」

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン