芸能

松本潤、嵐メンバーの中での「居場所」を探すことはない

映画『ナラタージュ』が公開間近(公式HPより)

「気が付くと強く引き寄せられるような関係性だった」という、教師と教え子の“禁断の恋”を描いた『ナラタージュ』が10月7日に公開する。一筋縄ではいかないラブストーリーに挑んだ松本潤(34才)は、静かな語り口の中に作品への熱い思いをにじませた。

 松本が演じた教師の葉山は“物静かで口数が少ない人”。だからこそ、新しい表現ができたという。

「ゆったり会話する人で、思っていることをすぐに口にするタイプでもない。だから、せりふもあまりないんですよ。せりふにないことを、どこまで演じるのか。アプローチが新鮮で面白かったです。今後の自分にとって、重要な作品になりました」

「全然、明るいシーンがないんですよ」と笑いながら、雨が降るシーンが重要で、印象的だったと振り返る。

「雨の日に、車の中で葉山と泉(有村架純)が話しているシーンは、客観的に見ると暗いふたりだなぁって。でも、“重い空気感”がこの映画らしいし、それが心地いいと妙に納得したシーンでした」

 劇中では、“居場所”もキーワードの1つになってくる。

「ぼく自身、居場所はいまだに悩んでいるかな。でも、グループ(嵐)に関して言えば、メンバーの中での居場所を探すことはないですね。今でもメンバーが誕生日の時はプレゼントを贈りあうし、今年のニノ(二宮和也)の誕生日は、大阪にメンバー全員いたから、いっしょにお酒を飲みました」

 愛を演じた松本が、グループへの深い愛も見せた。

 そんな松本が一問一答!

Q:今まで見た映画で心に残っているものは?

「いっぱいあるなぁ。今なら、もう一度『サマーウォーズ』が見たい」

Q:教師になったら、担当したい教科は?

「数学。理数系のほうが得意なんです。でも、理科は嫌い(笑い)」

Q:演劇部の顧問になったら、どんな作品を生徒に演じさせる?

「そうだなぁ。やっぱりシェークスピア!」

Q:一生に一度でいいから体験してみたいことは?

「宇宙に行きたいです」

Q:最近読んだ小説は?

「まだ読んでいないけど、北方謙三先生の小説を買いました」

Q:高校時代に戻れたら、何をしたい?

「女子と登下校!(笑い)」

Q:泉を看病するシーンで、おかゆを作った葉山。自分なら何を作る?

「やっぱり、おかゆ。自分が作ってもらえる場合も、おじやよりおかゆがいい」

※女性セブン2017年10月12日号

関連記事

トピックス