国内

小池百合子氏、「政界渡り鳥」否定 関与した人が権力者になる

メディアコントロールの巧さにも定評が

「希望の党」の代表として、今回の衆議院選における“主役”に躍り出ることとなった東京都の小池百合子知事(65才)。小池氏は1976年にエジプト・カイロ大を卒業後、テレビを中心に活躍し、1988年にテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』初代キャスターに就任。看板の美人キャスターとして人気を博した。

 1992年には運命の出会いがあった。熊本県知事を務めた細川護熙氏(79才)に誘われ、結党まもない日本新党から参院選に出馬して初当選。続く1993年7月の衆院選では衆議院に転じて当選した。

 この選挙では、惨敗した自民党に代わって38年ぶりに政権交代が実現し、細川連立内閣が誕生した。細川氏の隣りにピタリと寄り添っていた小池氏は、その政権交代の様子をつぶさに目をこらして見ていた。

「日本新党を立ち上げる時、細川氏は新しい政策を提示して参加者を募りました。1993年の総選挙でも『政治改革推進構想』を発表して、“この条件をのめるならば一緒にやろうじゃないか”と他党に迫りました。そうした“この指とまれ方式”でなければ、小さな政党が主導権を握って、大きな政党を吸収することはできませんでした。実は、今回の希望の党もまったく同じ方法を使って、民進党を吸収しました。小池氏はあの時の細川さんのやり方を近くで見ていたからこそ、それができたんです」(政治ジャーナリスト)

 細川氏は、今回の小池氏の動きを見て、「勝負勘も度胸もいい」と、あるインタビューで目を細めて話している。

 小池氏のこの2週間の動きで際立っていたのは、小泉純一郎元首相(75才)の“支援”を取りつけたことだ。

 2005年、小泉氏が仕掛けた「郵政解散」のとき、いち早く小泉氏が送る「刺客」として選挙を戦ったのが小池氏だった。あのときの“小泉劇場”はマドンナ刺客の小池氏なくしては、ありえなかったといっていい。

「2人とも妙齢の独身。あまりに仲のいい2人に、“恋仲説”は絶えませんでした。よく小池さんは、“私にも選ぶ権利があるわよ”と笑い飛ばしてましたけどね」(自民党関係者)

◆「小泉流」メディアコントロールにも長ける

 そんな小池氏と小泉氏は、希望の党を立ち上げた当日である9月25日、電撃会談を行った。その場に同席していた城南信用金庫顧問の吉原毅さんが言う。

「会談では『原発をゼロにしないといけない』と熱く語る小泉さんに、小池さんが『教えていただいた原発ゼロを訴えていきます』と返しました。15分ほどの会談でしたが、和気あいあいとしてとても親密な感じでした」

 小池氏はいままで「脱原発」を主張したことはなかったが、ここにきて変わった。筋金入りの原発ゼロ論者で知られる小泉氏の気持ちをくすぐって味方につける。そんなしたたかさもあったのだろう。会談後、小池氏は「小泉氏から“頑張れ”と励まされた」と得意げに明かした。

「希望の党の主張はあいまいで具体性に欠ける上に、仲間を増やすために唐突に打ち出したものも多い。このままでは“失望の党”になるだろう」と前出・自民党関係者は手厳しい。

 小泉氏は巧みなメディアコントロールでも知られるが、この点でも小池氏は「小泉流」をしっかり踏襲していた。

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン