• TOP
  • 芸能
  • ビッグダディの元妻・美奈子「ラストチャンスだと思って」

芸能

2017.10.10 07:00  女性セブン

ビッグダディの元妻・美奈子「ラストチャンスだと思って」

「ラストチャンス」と語る美奈子

 9月中旬の午後、東京都心から少し離れた一軒家。15畳ほどの1階リビングに顔を合わせたのはカリスマ講師にして経済解説者の細野真宏さん、女性セブンの“オバ記者”こと野原広子、そして、“ビッグダディの元妻”としても知られる9人家族の美奈子の3人。『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート2018』(小学館刊、定価500円+税)でもおなじみ細野さんのアドバイスを受けつつ、美奈子の家計に迫る。

オバ記者(以下、オバ)「これだけの子供がいると気の合う子、合わない子がいたりしないの?」

美奈子「それはないけど、こういうのが得意な子、ああいうのが得意な子で使い分けてる(笑い)」

細野「そうそう、この子供たちの連帯感ってスゴイな~って。小5の來夢ちゃんにいたっては、家計ノートをつけるお手伝いまでしているんですよね」

美奈子「そうなんです。助かってま~す(笑い)。みんな仲よくて、みんなであれしようぜこれしようぜって」

オバ「チームだなぁ。赤ちゃんの柚都ちゃんはみんなで育てている感じ?」

美奈子「そうみんなで育ててる。だからラク」

細野「子供が多いと苦労しそうな気がするけど、みんなで育てられるっていうのは大事な言葉ですよね。まさにこれから日本が直面する少子化問題を救う重要な話ですよね」

美奈子「大変なのは1人目、2人目の方が大変だった。だけど4人目からはめっちゃラク~。だって、子供たちがいい意味で自立していってくれるから」

細野「その言葉ってものすごく重要ですね。世の中の子育ての常識が違うんじゃないか、ということですよね。1人、2人で手一杯というのが世の中の常識なんだけど、1人、2人の方がむしろ大変で、3人以上を産んでみれば、良さがわかるよって話ですね」

美奈子「1人、2人だと向き合えちゃうから、一生懸命やれちゃうんです。でも4人目ぐらいから、自分もあきらめられるから、ラクにもなってくる」

オバ「子育てって頑張りすぎないのが正しいんだって結論に至ったわけね」

細野「それだと、ますますこの子たちが大きくなったときにお金の面で困らないようにだけは頑張らないと、ですね」

美奈子「子供の巣立つときの教育費って考えたこともなかったからホントやばいよね」

オバ「でも人生ってよくできているわよね。まさにそんなときにこういう出会いがあるなんて」

美奈子「ラストチャンスだと思って頑張らなきゃ。でも、本当に毎日とか続けられるように私でもなれるのかな?」

細野「美奈子さんの一日についてもう少し詳しく教えて。美奈子さんの自由時間は全くないですか?」

関連記事

トピックス