• TOP
  • 芸能
  • 現代の演歌歌手「若き歌姫たち」インタビューまとめ

芸能

2017.10.14 16:00  NEWSポストセブン

現代の演歌歌手「若き歌姫たち」インタビューまとめ

 近年、アイドル顔負けの美貌と歌唱力を兼ね備えた若き歌姫が次々と現れ、演歌界に変化が起きている。彼女たちのプロフィールと画像をまとめて紹介する。(2017年10月14日更新)

民謡の歌声に惚れ込んだ細川たかしの秘蔵っ子


︎杜このみ(28)

細川たかしの弟子・演歌のエビちゃん

5枚目シングル『残んの月』

 高校3年の時に出演したNHK『それいけ! 民謡うた祭り』のステージを観ていた地元・北海道出身の“演歌界の大御所”細川たかしがその歌声に惚れ込み、自らスカウト。

「ストレス解消はカラオケです。コンサートが終わった後、カラオケボックスで夜中の3時まで“師匠”にレッスンしてもらうことも。でも、民謡の癖でコブシを回しすぎて叱られます(笑い)」

 

AKB48出身 歌唱力の高さに秋元康氏も注目


︎岩佐美咲(22)

AKB48出身でオリコンチャート1位を獲得

『鯖街道』はオリコン演歌部門で1位獲得

「アイドルが演歌」という意外性以上に、プロデューサー・秋元康氏の目にとまったのがその歌唱力の高さだった。以来、アイドルと演歌歌手の二足のわらじを履き、昨年、約7年間所属したAKB48を卒業。

「アイドルと演歌は別世界です。最初は戸惑うことばかりで、一人で歌うことに慣れてきたのはつい最近です」

 

アイドルグループから演歌歌手に転身


︎丘みどり(33)

ミニスカから着物へ転身

新曲『佐渡の夕笛』も好調

 18歳の時にアイドルグループ「HOP CLUB」のメンバーとして芸能界デビュー。だが、演歌への夢断ち切れず、21歳で演歌歌手として再出発。

「演歌歌手になりたての頃はヘソ出しルックやミニスカで歌っていましたが、今は着物。デビュー11年の昨年にはレコード会社を移籍して、心機一転全国を飛び回っています」

 

震災で疲弊した故郷を歌で笑顔にしたい


︎津吹みゆ(21)

福島県矢吹町のPR大使も務める

3枚目のシングル『雨のむこうの故郷』が発売中

 人を支える母の背中を見て介護福祉士に憧れたが、テレビの歌番組に出演したのをきっかけにスカウトされた。1年間、地元・福島から東京へレッスンに通い、高校卒業と同時に上京。


「中学の卒業式の日に東日本大震災が起きて、自宅はなんとか無事でしたが周りは全壊や半壊した家もたくさんありました。演歌歌手の夢を叶えた私にできるのは、歌で人を幸せにすることだと覚悟して毎日を一生懸命生きています」

関連記事

トピックス