芸能

専門家も衝撃の「隠れ」は土屋太鳳 最強・石原さとみを凌駕

専門家も衝撃を受けた土屋太鳳

 女優、アナウンサー、アスリート、芸人と、どれもボディラインよりも別の技術を売りにしている職業だ。そうした分野で活躍する女性たちの中では、胸の大きさやサイズを公言していないが、豊かなバストを誇る女性は多い。

 TV美女評論家の八木晶王氏は、そうした「隠れ巨乳」の定義を「肌や胸を売りにしていない女性が実は巨乳の持ち主だったとわかったとき/予測されるときに用いられる言葉です」と語り、「清楚なイメージとのギャップに衝撃があればあるほど『隠れ』の感動は大きくなるのです」という。

 ちなみに綾瀬はるかはキャリアの初期はグラドルだったが、その倍以上の期間を女優として活動しており身体の秘匿性を回復したので「隠れ」として認められる、というのが八木氏の見解だ。そんな中で最も衝撃を受けた「隠れ」は土屋太鳳だという。

「圧倒的ですね。本人のキャラクターなどを含めたら、これまで“現代最強の隠れ巨乳”と評価されてきた石原さとみを凌駕します。調べようがありませんが、殿堂入りさせていいくらいのはずです」(八木氏)

 もちろん「隠れ」の存在はテレビの中だけではない。学校の同級生、会社の同僚などがふとしたときに見せた胸の膨らみに驚いた瞬間、その女性は「隠れ」となる。男が考える「隠れ」とは想像の産物なのかもしれない。

「女性が胸を『見せない』ことによって、見ている側は妄想する。そのプロセスこそが大事なんです。絶対的な正解はどうでもいい。『アイツは巨乳に違いない』と驚きを求めて楽しめればいいのです」(八木氏)

 女性の前では決して口に出さず、あくまで心の中で推測を楽しむ──それが鉄則だ。

◆写真/ロケットパンチ

※週刊ポスト2017年11月10日号

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン