国内

白石容疑者「色管理」でやっと食いつないでいたという悪評も

スカウトは存在そのものが違法になったのだが…

 神奈川県座間市のアパートの一室から、人間の頭部が9つ見つかった。この部屋に住んでいる白石隆浩(27)が死体遺棄容疑で逮捕され、殺害も認めているが、全容解明にはまだ時間がかかりそうだ。常軌を逸した事件の容疑者の人となりが自然と脚光を浴び、この男が「スカウト」で、今年2月に茨城県で職業安定法違反で逮捕され執行猶予中の身だったことも注目を集めている。違法でも続けるほど、スカウトは魅力的な仕事なのか。ライターの森鷹久氏が、地下に潜り悪質化しているスカウト行為が、容疑者に及ぼした影響について考えた。

 * * *
 神奈川県座間市のアパートから、女性8人、男性1人、計9 名の遺体が見つかった事件。容疑者の男はすでに逮捕され、犯行も概ね認めているというが、被害者の数もさる事ながら、容疑者がSNS上で「首吊り士」などと自称し、自殺志願者のユーザーらと連絡を取っていた事が明らかになり、世間を驚かせた。

 容疑者がかつて性風俗店へ女性を斡旋する「スカウト」であったことから、スカウトされた事のある女性、付き合っていたり同棲していた女性、性風俗店関係者や同業のスカウトマンらが、容疑者の性格、仕事ぶりなどについて証言する内容をメディアは報じている。「性格は優しかった」「仕事はいい加減だった」などと、容疑者の人となりが判明しているが、関東エリアに複数の店舗を持つ風俗業者役員は、容疑者の顔について次のように話す。

「容疑者が優しかったと報じられていますが、それは当たり前。典型的な色管理です。スカウトの存在自体が”違法”になって以降、容疑者のようなダメなスカウトが幅を利かせている」

“色管理”とは、主にホストの世界で語られる「客に恋愛感情を匂わせて接待する」ことである。彼氏彼女、という関係性を保ちながら、ホストは女性から金を巻き上げるのだが、往々にしてトラブルに発展しがちだ。キャバクラ店などで辞めて欲しくない女の子を引き留める手段としても一部で色管理は使われている。恋愛感情で女性を自分に依存させコントロールするので、仕事のスキルとしては邪道であり、仕事ができない人間がとる手法のひとつだとも見られている。

 色管理がダメな手法であるだけでなく、スカウトはそもそも、現在では違法な存在だ。

 2000年代に繁華街でのスカウトや勧誘行為が問題となり、職業安定法が改正され、都道府県の迷惑防止条例も次々とスカウト行為について重点的に取り締まる法改正が繰り返された。今では路上でのスカウト行為、立ち塞がり、つきまとい、キャバクラ等への仕事の斡旋が違反行為と定められている。そして現在では、スカウトマンは路上に立つことすら許されなくなった。

 ところが、例えば新宿や池袋、渋谷の街を歩けば今なお、違法スカウト業者が暗躍している事は一目でわかる。

「お姉さん、金欲しいっしょ!」「キャバ50、ソープ100」

 これは、筆者が2000年代半ばころ、渋谷のスカウトから聞いた「女性へかける文句」である。高収入を謳い、道行く女性を引っ掛けて、キャバクラや性風俗店に紹介する。スカウトは、紹介した店舗から収入が得られるが、当時は「買取」と「バック」という、大きく分けて二つの収入益を選択できた。

 買取とは、紹介した女性を性風俗店に「買い取って」もらうこと。かつてはソープランドに女性を紹介したことで、百万円オーバーの”ギャラ”が発生したスカウトもいた。一方のバックは、性風俗店に紹介した女性がの売り上げから、毎週や毎月、一定額がスカウトに支払われるパターンだ。この場合でも、女性が多くの客と接すれば、スカウトには週に数十万円ものギャラが発生した。

「儲かる仕事」とされ、この時期には街に多数のスカウトが林立し、少年漫画の題材にもなった。まさに「スカウトバブル」といってよい状況だったといえる。

 そうしたバブルは、スカウトへの取り締まりが強化されると、一気に弾けた。その後に残ったのが、弱い女性を食い物にするような、違法かつ悪質なスカウト達だ。容疑者も、そんな悪質なスカウトの一人。

関連記事

トピックス

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま
【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」
女性セブン
勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
撮影前には清掃員に“弟子入り”。終了後には太鼓判を押されたという(時事通信フォト)
《役所広司主演『PERFECT DAYS』でも注目》渋谷区が開催する「公衆トイレツアー」が人気、“おもてなし文化の象徴”と見立て企画が始まる
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン