芸能

東方神起ユンホ “芸能人だからこそ模範に”と真面目高校時代

高校時代、模範的な生徒だったというユンホ(公式HPより)

 海外アーティスト史上初となる、3度目のドームツアーをスタートさせた東方神起。65万人を動員する今回のツアーは、再始動後初の舞台とあって、世界各国からファンが大集結した。デビュー14年目を迎え、前人未踏の領域に辿り着いたアジア最強のアイドルは、いかにして生まれたのか。ここではユンホ(31才)の生い立ちに迫る。

 ソウルから南に270km。山水に囲まれ、「芸術の都」と呼ばれる光州市でユンホは生まれ育った。

 1980年、全斗煥元大統領(当時は陸軍中将)の軍事クーデターに反対する市民デモ隊と軍隊が衝突し、100人を超える死者を出した「光州事件」の中心地である同市は、悲しい歴史を背負いながらも、「民主と人権を尊重する都市」として発展してきた過去を持つ。道行く市民にユンホのことを聞くと、皆笑顔になった。

「もちろん大好き。町の誇りですから」(20代女性)
「兵役も立派に務め上げて、日本でも頑張っているんでしょう? ここの人間は、アイドルに興味なくてもユンホのことだけは知ってるんです(笑い)」(50代女性)

 市の中心地から車で1時間ほど走らせた光山区に、ユンホが青春時代を過ごした母校、光高校がある。広いグラウンドに、古く趣のある校舎。正門横の壁画には、巨大なユンホの肖像画が描かれている。

「4年前に生徒たちが自主的に描いたんです。わが校のロールモデルを描きたいとなったとき真っ先に名前があがったのがユンホで、ここで彼が学んだということを残すため、肖像画にしました」

 そう話すのは、当時のユンホの担任で、現在は同校の校長を務めるキム・ソンリュル先生。「わざわざ日本からありがとうございます」と丁寧に頭を下げるキム先生は、学生時代のユンホを昨日のことのように覚えていた。

「礼儀正しく、勉強のできる生徒でした。彼は中学の頃から芸能事務所の練習生として活動しており、高校に入ってからも、ソウルと光州を行き来する日々は大変だったはず。一度、ソウルの学校に転校した方がいいのではないか、と本人に助言したこともありましたが、『この高校に通いたいんです』とはっきり言ってくれました。あの時は嬉しかった」(キム先生)

 高校3年生の時に東方神起としてデビューしてからは、さらに多忙な生活となったユンホだが、勉学をおろそかにすることはなかった。

関連キーワード

関連記事

トピックス