芸能

サッチー 亡くなる前日まで野村克也氏とホテルディナー

亡くなる前夜も夫妻でホテルディナー

 東京・田園調布にある自宅から都心に向かって車で30分ちょっと。赤坂にある名門「ホテルニューオータニ」のロビィフロアのカフェレストランには、毎晩のように野村克也さん(82才)と野村沙知代さん(享年85)夫婦が姿を見せた。

 夫婦の“指定席”は、広いホールのいちばん奥のテーブル。ふたりがソファに腰を下ろすタイミングで、いつものアイスカフェオレとホットコーヒーがテーブルに運ばれてくる。

「野村監督が東北楽天イーグルスを辞めて仙台での“単身赴任”から東京に帰った2010年以降、たまに気分を変えてホテル内の和食や寿司、中華を食べることもありましたが、いちばんのお気に入りがこのレストラン。それも、必ず夫婦並んで一緒に食べていました。監督に新聞や雑誌のインタビューがあれば、夕方からそのテーブルで取材を受けて、19時頃に沙知代夫人が合流する。東京ドームでナイターの解説があれば、先に夫人がお店に入り、22時すぎに監督が駆けつける。とにかく、いつも食事は一緒でした」(スポーツ紙野球担当記者)

 本誌・女性セブン記者は半年ほど前、レストランで沙知代さんを見かけた。少しやせた印象だった。「最近、テレビでお見かけしないですね」と声をかけると、「元気でやってるわよ。何かあったら、電話してきなさい」といつもの張りのある声で返してもらった。

 沙知代さんが亡くなる前日の12月7日の夜も、そのレストランで、いつものように夫婦で食事をとった。

 知り合って45年以上。会話が弾むわけじゃない。めったに笑顔を見せるわけでもない。でも、いつもの夫婦のテーブルには、老いてなお、慈しむように過ごしたふたりの時間が、深く沁み込んでいる。

「サッチー」の愛称で親しまれた沙知代さんが12月8日、亡くなった。克也さんが昼頃に目覚めると、隣のベッドで休んでいた沙知代さんが「左手を出して。手を握って」と声をかけた。

「そんなことを言うなんて、珍しいな」と笑いながら克也さんがそっと手を握る。それからふたりで起きてダイニングに向かったが、沙知代さんは食事にひと口手をつけただけで、テーブルで意識を失った。

 午後4時すぎ、沙知代さんは救急車で搬送された病院で息を引き取った。虚血性心不全、享年85。克也さんは「あっけない。こんな別れがあるのか」と茫然と語った。

関連キーワード

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン