「5、6年ほど前から耳が遠くなり、テレビやイベントに出演することもなくなりました。やっていた野村監督のスケジュール管理も、ダブルブッキングなどが多くなって、息子の団野村氏らが引き継ぎました。とはいっても、80才近くまで現役でバリバリやっていたこと自体がすごいことです」(スポーツ紙デスク)

 2016年10月、自宅で転倒して骨折し、1か月ほど入院したことで、歩くことも極端にゆっくりになった。それでも、克也さんは彼女を連れて“夕食デート”を欠かさなかった。

「ここ数年、生活に多少の支障はありましたが、隣に住む息子・克則の奥さんや団野村氏のサポートで、何不自由なく暮らしていました。知人たちは“あんなに幸せそうに逝けてうらやましい”と彼女を偲んでいます」(野村家の知人)

 沙知代さんは生前、こんなことを語っていた。

〈私は常々、「(中略)夫に迷惑をかけない、子に迷惑をかけないで逝くのが、夫婦孝行であり家族孝行」と考えています。〉(『夫の転がし方』角川書店)

 そんな「ピンピン、コロリ」の最期を迎えるため、いつも生活を工夫してきたという。闘病生活を送ることもなく、入院もなく、老人ホームに入ることもなく、沙知代さんは前日までお気に入りのレストランでディナーを楽しんだ。また、別の知人にはこんなふうにも語っていたという。

「私が先に死んだら、あの人(克也さん)はどうするのかと思ったら、死んでも死にきれないわよ。でも、もし私が先に逝くことがあったら、その時は(克也さんに)手を握ってもらいたい」

 実際、沙知代さんは最期のとき、手のひらに克也さんの温もりを感じることができた。最期の瞬間まで夫婦が寄り添い歩んできた道行。夫に愛され、家族に愛され、誰に迷惑をかけることなく、あっさりと潔く──それは、誰よりも愛情深き生き方を貫いた“サッチーらしい逝き方”だった。

※女性セブン2018年1月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン