• TOP
  • 国際情報
  • 習近平が鋭意浄化中の中国 それでも起きる男と女の事件簿

国際情報

2018.01.07 16:00  NEWSポストセブン

習近平が鋭意浄化中の中国 それでも起きる男と女の事件簿

仰天事件は尽きない

 中国大陸が抱え込む膨大なエネルギーはやはり当局の浄化作戦で消え失せるものではないようだ。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 習近平指導部の下、規律違反に対する厳しい締め付けが続いている中国。「生活腐敗」と称される不正常な異性との関係も随分厳格に取り締まられてきた。

 これは非共産党員も例外ではなく、もはや世界最大の歓楽街とまで自称し始めた広東省の都市・東莞は、“掃黄”(「黄」はポルノの意味=性産業の一斉摘発)によって徹底的に破壊されてしまった。いま、かつての巨大な売春城は、老人ホームや温室栽培の施設に転用されている。

 だが、それで中国大陸から売春が完全に消え、西側先進国並みに浄化されてしまったのか、といえば決してそうではない。その中国社会のしたたかさを示すニュースは、いまだにメディアの紙面をにぎわしている。

 その一つが『看看新聞』(2017年10月29日)の伝えた〈処女に『一万元(約17万3000円)』の値を付けた売春婦を客が疑問持ち告発 警察に通報して二人とも御用〉である。

 事件が起きたのは浙江省の省都・杭州市。同市の彭埠派出所に二人の男女がお互いを「嘘つき」と罵り合いながら駆け込んできたのが事件の発端だった。男は40過ぎ、女は20歳だという。

 警察は二人の話をきいて仰天する。というのも二人はネットで知り合い、売春で合意したものの最終的に支払いで揉めて警察に駆け込んできたというのだ。二人の言い分の違いは、「女性が処女であったか否か」──。

 ただ不思議だったのは、派出所に駆け込んできた時点で二人はまだ性交渉をしていなかった点だ。というのも男が5000元(約8万6500円)を先払いして女性がシャワーに向かったところで男の奥さんから突然電話がかかってきて話がややこしくなったというのだ。何ともお粗末な事件であった。

 次は、『柳州晩報』が2017年11月11日に報じた記事である。タイトルは、〈ネットで買春したら、現れたのは自分の妻 値段は1時間100元(約1730円)〉だった。

 これはタイトルを見ればすべてが理解できる話だ。男の妻は、出稼ぎ労働に出ている傍らで売春をしていたというオチだ。

関連記事

トピックス