芸能

長澤まさみが高橋一生との大胆シーンで漏らした吐息

長澤まさみの「そこはダメっ」な場所は?

「女優人生において今が重要な時期」──三十路を迎え、昨年末にインタビューでそう答えていた長澤まさみ(30)。1月20日公開の映画『嘘を愛する女』で、早速大胆なベッドシーンを披露している。

 映画は食品メーカーに勤めるキャリアウーマンを演じる長澤と、5年間同棲中だった研究医の恋人を演じる高橋一生(37)との物語。くも膜下出血で倒れた高橋の運転免許証や医師免許証が偽造だったと知り、彼の本当の姿を探っていくミステリーだ。

 注目の濡れ場は序盤に始まる。こん睡状態の高橋を前に、かつての生活を長澤が回想する場面だ。

 全裸のままシーツにくるまった長澤と高橋。推定Fカップといわれる長澤の豊満なボディはシーツで隠されているが、透明感のある白い素肌が隙間から時おり見え隠れする。

 高橋はそんな長澤を後ろから抱き寄せ、耳やうなじに舌を這わせ、弄ぶ。すると長澤は「そこは一番ダメなトコッ」と思わず悶えるような声を上げて体をくねらせる。「知ってるよ」と高橋が囁くと、再び吐息を漏らしながら甘えるように喘ぐのだ。試写を観た映画評論家の秋本鉄次氏はこう話す。

「高橋さんにうなじから耳元まで舐め上げられて悶える長澤さんの演技があまりに自然体で、ゾクゾクしました」

 長澤は、今年4月にスタートする月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)では詐欺師役に挑戦する。

「ハニートラップを仕掛ける役なので露出度の高い衣装が多い。本人も『今を頑張らなくして、この先はないという覚悟で挑む』と宣言しています」(フジテレビ関係者)

 こんなハニートラップなら嵌められたいものだ。

※週刊ポスト2018年1月12・19日号

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン