芸能

ダチョウ倶楽部と出川哲朗 「リアクション芸」への情熱と投資

ダチョウ倶楽部が出川のリアクション芸について語る

 バラエティー番組はもちろん、CMや映画にも出演…今や日本一の愛されキャラといっても過言ではないほどブレークした出川哲朗(53才)。公私にわたり20年以上のつきあいがある、戦友・ダチョウ倶楽部が語る出川の素顔とは…。

 出川とダチョウ倶楽部、特に上島竜兵とのライバル関係が始まったのは、1989年にスタートしたお笑い番組『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!』(日本テレビ系)だった。出川は「クイズの解答を間違えると背負ったリュックが爆発」など、過激なロケで知られるこの番組に人生をかけていたという。

肥後克広:深刻な顔をして、「優勝できなかったら、ぼくはもう芸能界を辞める」と言い出して。ふざけてるのかと思ったらガチなの。そういうヤツって目立とうとして無茶するから、大けがするんだよ。ロケ先でそのまま入院ってケースもよく見てきたから本気で止めたんだけど「死ぬ気でやりますぅ~!」って聞かない。大丈夫かなぁ、と思っていたんだけど…。

寺門ジモン:そしたら、本当に優勝一歩手前まで行っちゃって!

上島:楽屋に戻ったらもうリーダーが「哲ちゃん、やったな、お前」。で、次に寺門が来て「頑張ったな! 次は優勝だ! おれはもうしびれた」って褒める。だから、最後におれが「お前調子に乗るなよ」って(笑い)。

寺門:そこから竜ちゃんと出川くんのライバル関係が始まった。「おれのポジションを奪いやがって!」って。

上島:違う違う! ちょっと待って! 確かに言ったんだけれど、それはギャグ!

寺門:「芸能界辞める」とまで思い詰めてた時期なんだから、出川くんは本気にとっただろうなぁ(笑い)。

上島:だけどそうやって苦楽をともにしてきた仲間って、やっぱりちょっと特別で、うらやむ気持ちとかわかないんだよ。

〈『お笑いウルトラクイズ』で一躍有名になってから出川がダチョウ倶楽部とともに切り拓いてきた“リアクション芸人”という道。そこにかける情熱は、並大抵ではない。〉

寺門:誰よりもお笑いに熱い男なんです。一緒に「熱湯風呂」をやるときも「ダチョウさんたちはそんなに熱くなくても“熱い”って言えるけど、おれは言えないから、お湯をもっと熱くしてください!」って直訴する(笑い)。「リアルガチ」ってギャグになってるけれど、あれは出川くんの本音なんだよ。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン