肥後克広一覧

【肥後克広】に関するニュースを集めたページです。

純烈の新メンバーに多くのタレントが手を上げた
純烈の新メンバーに多くの芸能人が立候補する理由 “優良企業”であることやリーダー酒井のプロデュース力も
 メンバーの小田井涼平の卒業にともない、“新メンバー”が注目されている「純烈」。これまで多くのアナウンサーや芸能人が立候補したことが話題を集めている。なぜ多くのタレントたちが純烈に入りたがるのか? コラムニストで放送作家の山田美保子さんが綴る。 * * * 発端は4月末、ライブ会場で「純烈」のリーダー・酒井一圭が発した「1人か2人か3人かはわからへんけど、何人か入れる。3人ではやらへん」だった。同月1日、メンバーの小田井涼平が年内いっぱいでグループを卒業すると発表したのに伴い、グループのプロデューサーでもある酒井は新メンバーを迎える構想があると漏らしたのである。 しかし公に募集告知をしたわけでもなければ、オーディションの予定を発表したわけでもない。なのに「『純烈』のオーディション」なるワードが広まることに……。その理由は5月11日に急逝したダチョウ倶楽部の上島竜兵さんへ向けた肥後克広の追悼コメント。「(寺門ジモンと)二人で『純烈』のオーディションを受けます」との一文が含まれていたからである。 以来、元アイドル、お笑い芸人、地方局のアナウンサーらが「純烈」への加入を切望。所属事務所への問い合わせが殺到したのだ。 その中には、初代「いいとも青年隊」であり、それより前には「劇団一世風靡」の前身「劇団零心会」に参加していた野々村真の名前もあった。『女性セブン』の直撃に対し、野々村は「昔はお昼の生放送(フジテレビ系『笑っていいとも!』)でお茶の間のアイドルとして全国津々浦々飛び回り、歌って踊ってウキウキウォッチングしていました。(中略)もう一度、新人の気持ちで頑張ります!」と超前向きに返答。それは当サイトでも報じられ、ネットニュースのトピックスに上がるほど話題になった。 その記事を元に、17日、野々村がコメンテーターを務める『アップ!』(メ~テレ)のエンタメコーナーが「純烈」の事務所に取材をかけた。「当初はマネージャーさんからコメントをもらう予定だったのに、リーダーの酒井さんが直々に対応してくれた」と担当ディレクターが驚いていた。そのコーナーに出演していた筆者もおおいに驚きながら、酒井から野々村への“返答”内容を生で見守った。リーダー酒井が挙げる新メンバーの条件 まず酒井が挙げる新メンバーの条件は「175cm~2mの背が高い人で、ある程度、歌って踊れる人が理想」。プロフィール上の身長が182cmで「最近、年取って少し縮んだけれど」と苦笑しつつも最初の条件をクリアした野々村は前のめりでパネルを見つめていた。これはサービスでもシャレでもないと理解した筆者は少なからず衝撃を憶えた。 続いての条件は「最も重要なのは内面。安いご飯をおいしく食べられる素朴な人柄」だ。これに対し、野々村は「妻(俊恵さん・旧芸名・坂上とし恵)が作る料理は美味しいんだけど」と恐妻家の一面を覗かせながら、「安いご飯、おいしく食べられますよ。大丈夫」と胸を張った。 いよいよ、野々村が「純烈」の新メンバーになれるか否かの酒井からの回答である。果たして、島貫凌アナウンサーの煽りでめくられたパネルには「先輩、申し訳ないです。野々村先輩は『いいとも青年隊』として時代を築いたレジェンド。『純烈』は、まだ名前が通っていない人が頑張る場所だと思っています!!」と。つまり結果は「NO」だったのである。 続いて酒井は、「『野々村真とハッピー&ピンク』のような新しい歌謡グループを結成し、一緒に歌謡界を盛り上げませんか? 絶対にマダムは応援してくれます」という“提案”まで示し、野々村の“天然キャラ”に期待をこめた。「えぇ!? ダメなの?」と納得がいかない野々村に改めて、なぜ「純烈」に入りたいのかを聞いてみたところ、1985年~86年、ソロ歌手としてシングル3枚、アルバム1枚をリリースしていたことを挙げ、当時のファンの前にもう一度、立ちたい…と。最後まで2枚目の顔で通した野々村真、本気で「純烈」加入を夢見ていたのである。 実は『アップ!』のオンエアよりも前、東京では上島竜兵さんが亡くなってから初めて『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)にゲスト出演したダチョウ倶楽部の肥後克広と寺門ジモンが「『純烈』のオーディションに合格したんです」と明かしていた。実際にオーディションがあったか否かは定かではないが、直接リーダーの酒井に会って合否を確認したという二人は「合格です」と言われたと。それは忽ちネットニュースにあがった。 それについては同日夕方の『5時に夢中!』(TOKYO MX)でも話題になった。『~ビバリー昼ズ』を聴いていたというミッツ・マングローブは、ダチョウ倶楽部の「純烈」入りに未だ半信半疑の様子だった。が、同番組MCで元ニッポン放送のアナウンサーの垣花正が見た「純烈」の公式YouTubeで、リーダー・酒井が以前、上島竜兵さん率いる「竜平会」のイベントスタッフをやっていたという“縁”あってのことだと説明。ミッツもやっと納得していた。前述の追悼コメント後、酒井が「推すなって? 純烈は絶対推しますよ 」とツイートしていたのも、そうした縁があったからこそのことだったのである。“おひねり”や紅白出場など「優良企業」 それにしても、なぜ著名なタレントたちは「純烈」に入りたがるのか。『女性セブン』は、同グループが給料制で不況に強いことや、ギャラとは別にファンからの“おひねり”があること。そしてそれらはメンバーに均等に分配されること。加えて『NHK紅白歌合戦』に4年連続で出場する「純烈」は「優良企業」だと分析している。『紅白』出場は、演歌・歌謡曲の歌手にとって、翌年の営業の数やギャラに大きな影響を与えると言われてきた。2019年1月、一部週刊誌で報じられたスキャンダルを理由にメンバーの友井雄亮氏が脱退した際も、『紅白』への連続出場の旗を下げることなく、こだわり続けた彼ら。友井氏の単独会見後、残るメンバーが涙を浮かべながら対応した会見に筆者は行っているが、リーダー・酒井の意思は極めて固く、友井氏の将来を思いやりながらも、キッパリ決別して残るメンバーと共に前を向くことを記者らに明かす様子が印象的だった。果たして友井氏の脱退によるグループへのネガティブな影響は皆無だったのである。 その後、コロナにより、スーパー銭湯やコンサート会場でファンとの“密”な触れ合いを大切にしてきた「純烈」には真っ先に危機が訪れた。しかし、その都度、リーダーであり、プロデューサーでもある酒井を中心に「純烈」は、さまざまな発信をしてきたものである。「純烈」メンバーの多くは、戦隊モノに出演経験がある俳優だが、酒井だけは5代目“あばれはっちゃく”の子役出身。レスラーとして「マッスル」に継続参戦し、「プロレス名鑑」に載った後、前述のようにイベントプロデューサーになる。本拠地である『新宿ロフトワン』は確かに芸人から文化人までが個性的なイベントを数多く行ってきた。そこで、酒井はプロデューサーとしてのセンスや発想力に磨きをかけたと思われる。「純烈」結成を思い立ったのは、2008年で、2010年に『涙の銀座線』でデビュー。それから数年後、「純烈」をきっかけに「演歌男子ブーム」が起こり、多くのグループがデビュー。BSやCSには専門チャンネルや歌番組が誕生し、近年は「演歌第7世代」と呼ばれる若手の歌手も育ってきている。 振り返れば、酒井は名プロデューサーであり仕掛け人だったのである。さらには、『バイキングMORE』(フジテレビ系)をはじめ、何度かコメンテーターとしての酒井を見たことがあるが、腰が低く、決して人を傷つけない配慮にあふれたコメントに聴き惚れた記憶がある。 近年は文筆家としての一面をもち、2020年から開始した『婦人公論』の連載「酒井一圭のお悩み相談室」の流れで、2021年には単行本『純烈人生相談室 僕のお腹で、泣けばいい』を上梓。競馬で破滅し、複雑骨折で一時は歩行不可能と宣告されて、「山→谷底→谷底→谷底→ちょっと山…。自身、苦しい時代が長かったからこそ、大好きなんです、ひと様の悩み相談が」と記した酒井の人柄に惹かれ、「純烈」に加入し、共に盛り上げたいと思う有名タレントが後を絶たないのは、リーダー・酒井一圭の人心掌握力も大きく関係しているのではないか。 だからこそ、『アップ!』(メ~テレ)のスタジオにいる野々村真へも酒井自らが丁寧なコメントを寄せたのだろう。リーダーであり、名プロデューサー。そしてダチョウ倶楽部の肥後克広と寺門ジモンが何らかの形で「純烈」に関わることは、キャラクターの強い小田井涼平が抜けた後も安泰だということだ。 そして20日には、「純烈」の主演映画『スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚き☆御免』が9月1日より全国公開されることが発表された。なんというタイミングだろうか。「小田井さんが今年で卒業してしまうので、この4人での純烈ジャーはラストです。(中略)東映特撮の粋を集結したロボ戦、アクションは大注目です! 日本アカデミー賞いただきます」とは酒井のコメントである。また21日には、酒井とメンバーの白川裕二郎が『ポップUP!』(フジテレビ系)の「スター☆ニュース速報」に出演。リーダー、プロデューサーのみならず「人事部長」だという酒井がダチョウ倶楽部の「純烈」入りの真相を「テレビで初めて」語った。ちなみに同日発売の写真週刊誌で2組は対談をしているという。 さらには『うたコン』(NHK)のMCでもある谷原章介がVTRで出演し、「毎日ニュースになっている」「酒井さんのプロデュース力はすごい」と絶賛。気持ちがいいほどにストーリーが出来上がっている。 ちなみに、ダチョウ倶楽部が所属する「太田プロ」で「純烈」に加入した暁に着る衣装の採寸も終えたのだとか。酒井は「我々もメンバーを失ったとき、前川(清)さんや(ビート)たけしさんに助けてもらった」と言い、ダチョウ倶楽部の二人を「励ますつもり」「元気になってもらいたい」「熱湯風呂とスーパー銭湯の“お風呂つながり”」「ダチョウ倶楽部さんはこれまで仕事を断ったことがない」など、見出しになるようなエピソードを段積みしたのである。なんと頼もしいことだろう。とにかく、現メンバーでラストとなる今年の『NHK紅白歌合戦』は当確間違いナシ。もしかしたらダチョウ倶楽部の参戦もあるかもしれない。「小田井さんの代わりは来年合流」「最後の3択までしぼられている」と酒井は“匂わせ”も忘れなかった。もしかすると「純烈」加入を夢見た有名タレントらはみな酒井のお腹の上で踊らされていたのかもしれない。『純烈』リーダー、酒井一圭、稀代の名プロデューサーである。◆山田美保子 『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)などに出演中。CM各賞の審査員も務める。
2022.06.22 16:00
NEWSポストセブン
高田文夫氏の願い「コロナよ、東京に笑いを届けさせてくれ」
高田文夫氏の願い「コロナよ、東京に笑いを届けさせてくれ」
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、新型コロナウイルスの影響で次々と公演が中止になっている東京喜劇についてお送りする。 * * * 喪失感が凄い。今朝、ラジオの生放送にむかう直前に志村けん死去の報。無念。コロナが憎い。今から50年前、ドリフのボーヤと作家見習いの小僧としてTBSの稽古場で会った。お互いが“なにもの”でもなかった時代だ……。志村けんのことは次の機会に書く……。東京の喜劇“志村魂”(公演のタイトル)を継承する男たちは、幕が開くのか開かないのかハラハラヒヤヒヤしながら毎日稽古にあけ暮れている。 まずは“「いだてん」疲れ”もやっととれて、宮藤官九郎が5年ぶりに作・演出する『もうがまんできない』、4月2日から5月3日。下北沢本多劇場。大人計画の中にある演劇ユニット「ウーマンリブ」の公演。おもしろくてヨダレが出そうなメンバー。阿部サダヲ、荒川良々、松尾スズキ。そこへ柄本佑、要潤である。見たい。やって欲しい。 こちらも東京コメディでとんでもない冴えをいつもみせる宅間孝行の作・演出・主演で「タクフェス春のコメディ祭!『仏の顔も笑うまで』」。モト冬樹、ダチョウ倶楽部の肥後克広ら。4月22日から4月29日、渋谷の大和田さくらホール。兵庫公演もある。みな連日稽古してるんだ、コロナよ、やらせてくれ。 おなじみ三宅裕司ひきいる熱海五郎一座。6月2日から30日、新橋演舞場。『Jazzyなさくらは裏切りのハーモニー』。17年もやってるのですっかり呼吸も合った座員は小倉久寛、渡辺正行、ラサール石井、春風亭昇太、東貴博。今回のゲストは宝塚だった紅ゆずる、AKB48横山由依。みな“笑い”を作っている。コロナよ、やらせてやってくれ。閉塞感でいっぱいのこの日本、東京に笑いを届けようというのだ。どこが悪いのだ。 そして東京喜劇界の生きるレジェンド、ひとり東京コメディ史とも言えるあの人にすべてきいておこうという『伊東四朗トークライブ あたシ・シストリー』。3月の会が中止になってしまったので5月はどうしてもやってもらいたいところ。5月10日、昼の部のゲストが小松政夫、そして私。夜の部が鶴瓶というラインナップ。新宿紀伊國屋サザンシアター。どーか、しとつ!! 笑いごとじゃなく、みな“笑い”に賭けている。 そして来年の事を言うと鬼もあきれるかもしれないが、1月終わりから2月の中旬、あの明治座で私の企画によって宅間孝行と笑いの強力タッグが実現。一部が東京喜劇のお芝居で、二部が私プロデュースによる東京芸人総出演の「ビバリー昼ズ寄席」。乞御期待。■イラスト/佐野文二郎※週刊ポスト2020年4月17日号
2020.04.07 16:00
週刊ポスト
内田理央がダチョウ倶楽部の上島とキス!?理想の男性像も告白
内田理央がダチョウ倶楽部の上島とキス!?理想の男性像も告白
モデルで女優の内田理央さんが、3月29日に都内で開催されたスリムビューティハウスの新イメージモデル発表会に登壇。自身の美の秘訣について明かしている。『飾って最高。飾らず最強。』をキャッチコピーに掲げ、女性をありのままの姿でも美しい健康的で理想的な体型に変身させているスリムビューティハウス。今回、美しく健康的なボディの持ち主である内田さんを、新イメージモデルとして起用した。骨盤と足の施術を受けてみたという内田さん。「ほかのエステは体験済みなんですけど、(スリムビューティハウスが)断トツによくて、みなさんが通うのに納得です。施術を受けた次の日、何も伝えてないマネジャーさんから『足、細くなりました?』って言われて。それくらい変化を実感しました」同性も憧れる美ボディをキープする秘訣については、「自分ひとりでストイックにやっていくのは大変なこと。誰かの力を借りて健康的で女性らしい体のラインを作りたいです」と語っていた。◆ダチョウ倶楽部とテッパン芸も披露スペシャルゲストとしてダチョウ倶楽部が登場すると、「昔からテレビで観ていたので、お会いできるなんて夢のよう!」と内田さんは大興奮。今回は特別な“施術”として、いつもの“アレ”を披露してくれることに…。運ばれてきたのは、アツアツのおでん鍋。「話が違うじゃないか!」と上島竜平さんが大絶叫すると、「じゃ俺がおります」と答える寺門ジモンさんと肥後克広さんに加え、「じゃ、私が!」と内田さんまで参戦する一幕も。さらに、ダチョウ倶楽部お決まりの“キス芸”も披露。上島さんに顔を近づけられた内田さんは、「近くで見るとけっこうキレイですね」と寸前でキスを阻止。この一連を振り返り、「間が絶妙だった」と絶賛する上島さんに対し、内田さんは「やっぱり、キスは無理だって思いました(笑い)」と本音をポロリ。別のイベントで「彼氏募集中」を公言していた内田さん。ダチョウ倶楽部の中で誰がタイプか聞かれると、「消去法で独身のジモンさん」と困惑しながらもジモンさんをチョイス。本当のタイプは、「ゴミ出しや料理とか手伝ってくれる人がいいですね」と明かしていた。取材・文/船橋麻貴【データ】スリムビューティハウスhttp://slim.jp/【関連する記事をチェック!】●マツコ、40代から一気に加速する口臭に「人を信用してはいけないのよ!」●指原莉乃がミニスカで美脚披露!美の秘訣は「バランスのいい食事」●JUJUや関ジャニ∞も!高消費カロリーカラオケランキングTOP20●長澤まさみに山本美月も!女優たちの春の2大トレンドは“白”と“花柄”●土屋太鳳と北川景子は美脚、新垣結衣は美背中!女優たちの美の競演
2018.04.01 17:00
8760 by postseven
ダチョウが語る出川 後継者とデヴィ夫人と「生涯現役」
ダチョウが語る出川 後継者とデヴィ夫人と「生涯現役」
 かつては「抱かれたくないタレント」の代名詞的存在だったが、今や日本一の愛されキャラとなった出川哲朗(53才)。公私にわたり20年以上のつきあいがある、戦友・ダチョウ倶楽部が出川の素顔を語る。 出川は過去に出演したバラエティー番組で「リアクション芸人として、生涯現役でいたい。おじいちゃんになってもザリガニで笑ってほしい」と語っている。肥後克広:だったら健康管理に気をつけてほしい。あのぽっこり出たお腹が“ゆるキャラみたい”ってウケてるんだろうけど、暴飲暴食は避けたいよね。上島竜兵:「マヨネーズと炭酸飲料ばっかり飲むのはやめろ」って注意してるんだけど、全然直さない。もう最近じゃあ周囲の芸人たちの心配が一周回って「血管年齢が90才って言ってたぞ」「もう死ぬんじゃねぇの、あの人」って悪口みたいになってる(笑い)。肥後:本当、健康がいちばん。哲ちゃんもぼくたちも、高齢になってくるけれど、今後、リアクション芸の後継者って考えると誰がいる?寺門ジモン:ロッチの中岡(創一)は? 彼はただいるだけでおもしろい。肥後:哲ちゃんと同じ事務所で“弟分”といわれている狩野英孝とか三四郎の小宮(浩信)もいるし、彼らが今後どう活躍するか、楽しみだよね。上島:もちろんぼくらも哲ちゃんが言うように“生涯現役”を目指してリアクション芸をずっと続けますよ。肥後:まず、4人が還暦を迎えたら記念に『リアクションの殿堂』(※出川とダチョウ倶楽部がテレビでは見られないリアクション芸に挑戦するDVDシリーズ)の還暦バージョンDVDを作りたい。上島:赤い紙おむつをはいて、シリーズの人気企画「浣腸選手権」を開催するんだろ?肥後:哲ちゃんはおれに「4人で死ぬまで、一緒にやりましょうよ。おれら、目指すところはデヴィ夫人です!」って言ってくれるからさあ。寺門:そこは、たけし・さんまじゃないの!?上島:結局金持ちになりたいってことかよ!撮影/田中智久※女性セブン2018年2月8日号
2018.01.28 07:00
女性セブン
ダチョウ倶楽部と出川哲朗 「リアクション芸」への情熱と投資
ダチョウ倶楽部と出川哲朗 「リアクション芸」への情熱と投資
 バラエティー番組はもちろん、CMや映画にも出演…今や日本一の愛されキャラといっても過言ではないほどブレークした出川哲朗(53才)。公私にわたり20年以上のつきあいがある、戦友・ダチョウ倶楽部が語る出川の素顔とは…。 出川とダチョウ倶楽部、特に上島竜兵とのライバル関係が始まったのは、1989年にスタートしたお笑い番組『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!』(日本テレビ系)だった。出川は「クイズの解答を間違えると背負ったリュックが爆発」など、過激なロケで知られるこの番組に人生をかけていたという。肥後克広:深刻な顔をして、「優勝できなかったら、ぼくはもう芸能界を辞める」と言い出して。ふざけてるのかと思ったらガチなの。そういうヤツって目立とうとして無茶するから、大けがするんだよ。ロケ先でそのまま入院ってケースもよく見てきたから本気で止めたんだけど「死ぬ気でやりますぅ~!」って聞かない。大丈夫かなぁ、と思っていたんだけど…。寺門ジモン:そしたら、本当に優勝一歩手前まで行っちゃって!上島:楽屋に戻ったらもうリーダーが「哲ちゃん、やったな、お前」。で、次に寺門が来て「頑張ったな! 次は優勝だ! おれはもうしびれた」って褒める。だから、最後におれが「お前調子に乗るなよ」って(笑い)。寺門:そこから竜ちゃんと出川くんのライバル関係が始まった。「おれのポジションを奪いやがって!」って。上島:違う違う! ちょっと待って! 確かに言ったんだけれど、それはギャグ!寺門:「芸能界辞める」とまで思い詰めてた時期なんだから、出川くんは本気にとっただろうなぁ(笑い)。上島:だけどそうやって苦楽をともにしてきた仲間って、やっぱりちょっと特別で、うらやむ気持ちとかわかないんだよ。〈『お笑いウルトラクイズ』で一躍有名になってから出川がダチョウ倶楽部とともに切り拓いてきた“リアクション芸人”という道。そこにかける情熱は、並大抵ではない。〉寺門:誰よりもお笑いに熱い男なんです。一緒に「熱湯風呂」をやるときも「ダチョウさんたちはそんなに熱くなくても“熱い”って言えるけど、おれは言えないから、お湯をもっと熱くしてください!」って直訴する(笑い)。「リアルガチ」ってギャグになってるけれど、あれは出川くんの本音なんだよ。上島:熱湯風呂の設計の話まで始めた時は、ウザかったなぁ~。「この装置だとアクリル板がこの大きさだからここまで熱くできるけど、どうしますか?」とか延々やり出して。早く飲みに行きたいのにって思いながら聞いてた(笑い)。肥後:上島さんはすぐ「これでいいだろう」って手を抜こうとするから。寺門:フハハハハ! 当たってる!上島:いやいや手は抜いてないよ(笑い)。でも哲ちゃんのいる現場では真剣にやらざるを得ない。やっぱり、“リアクション芸人”としての永遠のライバルだから。肥後:だけど哲ちゃんは義理堅い。哲ちゃんも「おでん芸」や「熱湯風呂」をやるけれど、彼はあくまでも「おでん」はぼくたちの、「熱湯」はたけし軍団の専売特許と考えていて、その芸をやるときは「貸していただいている」というスタンス。寺門:一方でぼくたちは鼻をザリガニに挟ませる「ザリガニ芸」は「出川の芸」って認識してる。だから、おれ、「出川くんが(痛くないよう)ザリガニのとげのところを削ってる」とか「熱湯かけて弱らせてる」なんて言えないもん(笑い)。上島:やめなさい、やめなさい! それ言うと「営業妨害だ」って、真剣に怒るから。肥後・寺門:フハハハハハ!寺門:あとは何がすごいってリアクションのために設備投資してるんだよ。肥後:いつ何時ドッキリにかかって泥や粉まみれになってもいいように、移動車にはたんすが設置されていて、そこに下着、靴下、ズボン、トレーナーと一式そろっている。噂では水槽もあって、ザリガニも飼ってるって(笑い)。以前、そこからパンツ出してもらったことがあるよ。ロケ現場でドッキリの巻き添えになってずぶ濡れになっていたら、哲ちゃんがマネジャーに「リーダーのパンツ持ってきてあげて!」って。「おれのサイズはないんじゃないの?」と聞くと「あります! あります!」って。上島:あるのかよ…(苦笑)。撮影/田中智久※女性セブン2018年2月8日号
2018.01.27 07:00
女性セブン
ダチョウ倶楽部が語る戦友・出川哲朗、上島「嫉妬はない」
ダチョウ倶楽部が語る戦友・出川哲朗、上島「嫉妬はない」
 バラエティー番組はもちろん、CMや映画にも出演…今や日本一の愛されキャラといっても過言ではないほどブレークした出川哲朗(53才)。地方ロケでは握手を求めて、子供からおばあちゃんまで列をなす。かつての“嫌われ者”時代から公私にわたり20年以上のつきあいがある、戦友・ダチョウ倶楽部が語る出川の素顔とは…。「リアクション芸の先輩として、空前の大ブームとなっている出川哲朗の魅力を語ってほしい」とのオファーに、「え~? 哲ちゃんについて? どうせならぼくたちだけを特集してよぉ~」とボヤきながらもOKしてくれたダチョウ倶楽部。だが、いざ始まると、出川に対する愛憎こもごもをしゃべりっぱなしに…。寺門ジモン:今、テレビで出川くんを見ない日はないんじゃない? リアクションだけじゃなくてMCとして番組を回したりもして幅広いよね。上島竜兵:おれも何度か出させてもらっているけれど、あの“バイクの旅”、おもしろいよね。寺門:おれは“イッテQ!”でのウッチャンとの絡みに注目してる。ウッチャンに“友達”のように接する芸人なんて、まずいないからすごいよ。肥後克広:あとは“出川イングリッシュ”。あれ、ほぼ素なんだよ。こないだ一緒に居酒屋に行ったときも外国人の店員さんと話しているうちに、出川もだんだん片言になっちゃって…。「ビール」を「ビア」って言うのはまだいいんだけれど、おれのことも「リーダー」じゃなくて「ルゥイードゥアー」って呼び始めた。外国の店員さんと英語っぽくしゃべるのはわかるけど、何でおれにまで片言になるんだよ、バカなんじゃないか?って思っちゃった。上島・寺門:ワハハハハ!〈自己流の英会話を駆使して世界各地でミッションをこなす『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が人気を博し、今や5本のレギュラー番組に出演中。そのうちの1つ、旅先の人々に充電させてもらいながらバイクで旅を続ける『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)は「20年前から念願だった」というゴールデンタイムの冠番組だ。なぜ今、出川はブレークを果たしたのか?〉寺門:ブレークといういい方は「今の人気が一過性のブーム」といっているみたいで嫌いだな。本人が、「時代がおれに追いついた」と言っているように、ずっと変わらない出川くんのキャラクターがようやく認知されてきただけだと思う。でも、竜ちゃんは、出川くんが売れてる状態に、「チェッ」と思ったことって、何度かあったんじゃない?上島:何? おれ?寺門:やっぱり2人はライバルだからさ!上島:いやいや! これがね、きれいごとでもなんでもなく、嫉妬とかないのよ。例えば有吉(弘行)や、土田(晃之)、劇団ひとりに対しては「売れやがったなあ…」というのが多少はあったんだよ。でも、哲ちゃんに関してはね、ほんと正直に、あんまりないんだよね。寺門:苦労している時期が長かったからね。初めて出川くんと会ったのって、もう20年以上前だよね?上島:当時の哲ちゃんはまだ芸人ではなく、役者を志していた。すでに芸人としてデビューしていたウッチャンナンチャンが舞台に出演しているというので見に行ったら「南原さぁ~」ってタメ口きいてる小柄な男がいて。それが哲ちゃんだった(笑い)。肥後:すでに人気者だったウンナンに無名の素人が偉そうにしていて、当時は「何だ、コイツ!?」って驚いた。今思えば、哲ちゃんが座長の劇団だから、当たり前なんだけど。※女性セブン2018年2月8日号
2018.01.25 07:00
女性セブン
「2つの誕生日」を持つ著名人まとめ by NEWSポストセブン
「2つの誕生日」を持つ著名人まとめ by NEWSポストセブン
「戸籍上の生年月日」と「実際に生まれた日」と2つの誕生日を持つ5名の著名人が、誕生日が2つある理由やエピソードを語った。(2017年7月1日更新)◆出生届けを忘れられた内海桂子(漫才師)︎戸籍は1923年1月12日→本当は1922年9月12日 ︎駆け落ちした両親が役所に届けることを忘れていた 私は今でいう“駆け落ち”の親から生まれた子なんです。当時、両親はどちらも20歳。2人とも東京生まれの東京育ちなのに私を生んだのは遠く離れた千葉県の銚子だったので近所に親身になって相談に乗ってもらえるような人がいなかった。それだからか、大正11年(1922年)9月12日に私が生まれても役所に届けることを忘れていたみたいです。︎本当の誕生日を知ったのは戸籍を取った時 戸籍の生年月日と実際に生まれた日が違うことがわかったのは戦時中に海の向こう(満州)でお国のために戦う兵隊さんの慰問に行こうとした時に、身分証明書を作らなければいけないから、役所に行って戸籍を取った時のことです。母親から「誕生日は9月12日」と聞かされていたのに、戸籍には翌年の1月12日とあった。あれっと思って母親に聞いて、初めて事情を知りました。︎ややこしいのは勲章や褒章をもらった時 ややこしいのは、お国が絡む場合です。すべて戸籍に基づくから、勲章や褒章をもらった時は「1月12日生まれ」としての年齢で記録されるし、発表される。そうなると、1月12日に誕生祝いをしてくれる人も出てきたりするので、1年に2回もお祝いがある。細かい説明をすると面倒くさいから、何度でもありがたく祝ってもらってますよ。関根潤三(野球解説者)︎戸籍は1927年3月15日→本当は1926年12月25日 ︎ズボラな父が役所に届けるのを忘れる まあ、簡単にいうと、親父が役所に届けるのを忘れてたの(笑い)。大正15年12月25日は大正天皇が崩御された日で、翌日から元号が「昭和」になったんだけど、役所は喪に服して業務をやっていなかった。おまけに親父がズボラだったから、そのまましばらく出生届を出し忘れていた。ようやく出したのが翌年3月15日。さらにマヌケなことに、届けを出したその日を誕生日にしちゃった。︎父のおかげで戦争に行かずに済んだ だけど、おかげで僕は戦争に行かずに済んだ。大正15年生まれの男性には召集令状が来たけど、同じ学年でも僕は徴兵されなかった。出征した同級生は大勢戦死したり、なかなか復員できなかったりしたから、僕も戦地に行っていたら野球ができたかどうか。親父は「お前が戦争に行かずに済んだのはオレのおかげだ」と口癖みたいにいっていたね。たしかに親父のズボラのおかげで助かったわけです(苦笑)。◆あえて誕生日を変えられた肥後克広(お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部)︎戸籍は1963年3月15日→本当は1962年7月15日 ︎本当の誕生日をへその緒が入った桐の箱で知る 誕生日のズレに気付いたのは小学校高学年の頃。タンスの中から自分のへその緒が出てきたんです。なぜかその桐の箱には「昭和37年7月15日生まれ」と書いてある。「アレ?」と思って母に聞いたら、本当の誕生日は箱に書いてある通りだというんです。その理由を母は、「この子はどうせバカに決まってるから、誕生日を遅くしてひとつ下の学年にすれば、学校の勉強が少しは楽になると思った」というんです。いやいや、3月に出しても学年は一緒だから! 思わずズッコケましたよ。︎7月に「本当は3月だ」3月に「本当は7月だ」 7月に誕生会をしてもらうと「本当は3月だ」といわれ、3月にも誕生会をやると「本当は7月だ」と。僕自身は「もういいよ」って感じで、土田(晃之)とか後輩芸人たちもしつこいから、「戦後のゴタゴタに巻き込まれたから」って片づけようとすると「終戦直後の生まれじゃないだろ」とまたツッコまれるし……。 ちなみに3つ年上の姉の誕生日は5月25日。母は「ごご(5×5)にじゅうご(25)で覚えやすいから、5月25日にしといた。本当の誕生日はもう忘れた」だって。僕なんてまだマシですよ(苦笑)Mr.マリック(サイキックエンターティナー)︎戸籍は1949年1月1日→本当は1948年12月29日 ︎1月1日はおめでたい日 当時は自宅で産む家も多かったから、誕生日と届け出の日が違うケースは間々あったし、両親は「1月1日はおめでたい日だから」ということで、その日にしたかったんでしょう。僕も同じ立場だったら1日にしたと思いますよ(笑い)。︎占いをきっかけに本当の誕生日を知る 知ったのは、中学生の時です。正月に家族で「高島易断」みたいな占いの本を読んでいた時に、「僕はどうなの?」と母に聞いたら、「お前の本当の誕生日は12月29日だよ」といわれて。それから占いを見なくなった。良いほうを見ればいいんですけど、悪い占いも見ちゃいますから(苦笑)。︎1月1日生まれの豊臣秀吉が人生に影響 思えば豊臣秀吉が1月1日生まれだと知って、僕も子供の頃から一国一城の主になりたいと思っていた。秀吉が25歳でねねと結婚して所帯を持ったことを知って、僕も25歳で結婚して、慌てて自分の事務所を立ち上げたんです。だから、誕生日を1月1日にしてもらったおかげで、今の自分があるとも言えるわけです。そう考えると、誕生日って人生にいろいろと影響している。不思議ですね。◆高校生の時に生年月日を変えた板東英二(元プロ野球選手・タレント)︎戸籍は1940年4月5日→本当は1940年3月31日 ︎3月31日生まれは公式戦に出られない 中3の時の活躍が関係者の目に留まって、野球の特待生として徳島商業に入学できた。誕生日が問題になったのは、2年生でキャプテンになる前だったと思います。野球部の部長が生年月日を聞いてきて、「昭和15年3月31日です」と答えると、「裁判所に行くから」と。このままだと2年生のうちに18歳になってしまう。そうなると高野連の決まりに引っ掛かって、3年生の時に公式戦に出られなくなるというわけです。当時は引揚者も多く、僕みたいな状況の人がたくさんいて、高野連でも問題になっていたようですね。︎新しい誕生日は野球部の部長が決めた 部長に同行してもらって自転車で徳島地方裁判所に行き、誕生日1週間ズラして「4月5日」で登録しました。日付は部長が決め、手数料の50円も部長が出してくれた。1週間くらいの変更やったから、簡単にいったんでしょう。
2017.07.01 16:00
NEWSポストセブン
ダチョウ倶楽部肥後克広 戸籍上と実際の生年月日が違う
ダチョウ倶楽部肥後克広 戸籍上と実際の生年月日が違う
 結成32年目を迎えるダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広には戸籍上の生年月日と実際に生まれた日に8か月の“ズレ”がある。メンバーからは、普段とは逆にツッコまれるネタになっているという。肥後が語る。 * * * 誕生日のズレに気付いたのは小学校高学年の頃。何かを探している時に、タンスの中から自分のへその緒が出てきたんです。「コレが僕のへその緒かー」と感動していたら、なぜかその桐の箱には「昭和37年7月15日生まれ」と書いてある。 僕の誕生日は昭和38年(1963年)3月15日のはず。「アレ?」と思って母に聞いたら、本当の誕生日は箱に書いてある通りだというんです。その理由を母は、「この子はどうせバカに決まってるから、誕生日を遅くしてひとつ下の学年にすれば、学校の勉強が少しは楽になると思った」というんです。 いやいや、3月に出しても学年は一緒だから! 思わずズッコケましたよ。それをいっても、母は笑っているだけでしたけれどね(笑い)。 戸籍上の生年月日と実際の誕生日が違うことで、ちょくちょく面倒はあります。「いま何歳ですか?」みたいな話になると、「えっ、53かな? 54かな?」みたいなことになって、もう年齢がわかんなくなってくる。 しかもメンバー(上島竜兵と寺門ジモン)が、そこにしつこくこだわるんですよー。例えば歳を「52」とかいうと「いやいや、お前は今53だよ」とか。仕事柄、年齢をいう機会が多いから、歳をごまかしてるみたいに誤解される。 7月に誕生会をしてもらうと「本当は3月だ」といわれ、3月にも誕生会をやると「本当は7月だ」と。僕自身は「もういいよ」って感じで、土田(晃之)とか後輩芸人たちもしつこいから、「戦後のゴタゴタに巻き込まれたから」って片づけようとすると「終戦直後の生まれじゃないだろ」とまたツッコまれるし……。 でもまあ、親子揃ってバカだからしょうがないね。高校卒業する時に進路のことで悩んでいると母は、「とりあえずアンタは車の免許だけ持ってなさい」といって自動車教習所に行くことを薦めるんです。だから、僕は先生に進路を「自動車学校」って伝えましたよ。本気でした(笑い)。 ちなみに3つ年上の姉の誕生日は5月25日。母は「ごご(5×5)にじゅうご(25)で覚えやすいから、5月25日にしといた。本当の誕生日はもう忘れた」だって。僕なんてまだマシですよ(苦笑)。※週刊ポスト2017年5月5・12日号
2017.04.27 07:00
週刊ポスト
ダチョウ肥後娘「恥ずかしいと思ってた父の芸風が今は誇り」
ダチョウ肥後娘「恥ずかしいと思ってた父の芸風が今は誇り」
 熱々おでんに熱湯風呂――リアクション芸のスペシャリスト『ダチョウ倶楽部』肥後克広(51才)の長女・千暁(23才)は現在、ロックバンド『Hac』のボーカルとして都内のライブハウスで精力的に音楽活動をしている。「いつかメジャーデビューして、ドラマや映画の主題歌に使われたい。作詞も担当しています」(千暁・以下「」内同) ステージ上の堂々としたパフォーマンスからは想像できないが、性格はいたっておとなしい。そのため、学生時代には「お笑い芸人の娘」であることに悩んでいた。「肥後一家は近所でよく知られていたんです。周りはすごく楽しい子に違いないと期待していたみたいで、同級生から『本当にダチョウ倶楽部の子なの?』とよく言われました。中学時代は茶道部でしたし、地味でした。 何より私自身が、当時は熱いおでんを食べたり裸になったりする父を恥ずかしいと思っていました」 千暁が最も嫌だったのは、父親がテレビで自分について話すことだった。「同級生や先生が見ているし、そんなこと言ってほしくないに決まっているじゃないですか。高校生の時に我慢できなくて、父に文句を言ったら、『みんなの笑顔を作るためには、ひとつの家族が犠牲にならなければいけないんだ!』と言われたんです。いったい何を言っているんだと思いました」 そんな父を尊敬するようになったのは、5年前のある出来事がきっかけだった。3才上の兄は父と同じお笑い芸人。ある日、父は家で自身の出演するテレビ番組を見ながら、兄にお笑い論を語っていた。「父はとても真剣でした。『おでんの鍋には開け方があってパッと勢いよく開けるんだ。すると湯気がカメラの前にぶわっと上がってますます熱そうに見える』とか。ダチョウ倶楽部の笑いって、実はすごく計算されているんだなって初めて知りました。それからですね、胸を張って、おでんと熱湯風呂で育ててもらったと言えるようになったのは」 父はダチョウ倶楽部の上島竜兵を中心とする芸人集団「竜兵会」の集まりに連れて行ってくれたことがある。「その時は、飲み屋ではなくて焼き肉屋でした。有吉(弘行)さんが竜兵さんに毒舌トークをしていて、ここから毒舌キャラの有吉さんが誕生したんだなと思いました」 学生時代には地味だった彼女は父と同じように人を喜ばせる表現者の道を選んだ。普段はおとなしいけど、実は情熱的。そんなリーダーのDNAをしっかり受け継いでいるようだ。※女性セブン2015年1月8・15日号
2015.01.04 07:00
女性セブン
ドン底時代の有吉 貯金あるのに残金0の別の通帳見せ「金ない」
ドン底時代の有吉 貯金あるのに残金0の別の通帳見せ「金ない」
 現在、超売れっ子芸人の有吉弘行(39)が所属している竜兵会。竜兵会とはダチョウ倶楽部の上島竜兵(52才)と肥後克広(50才)を中心とした芸人集団のこと。有吉は、「この会があったから、芸人をやめずにいられた」と、上島と肥後への謝意を公言している。そんな恩人2人が明かした有吉の“地獄時代”とは?肥後:あいつ、詐欺師だと思うな。当時、貯金通帳を2つ持ってたよね、あいつは(笑い)。上島:おれたちには、もう、残金ゼロの通帳を見せて、“お金がないんですよ~”って。本当はもう1つの通帳に貯金がきちんとあったんだもん。ほんとに、詐欺師(笑い)。肥後:あのころの有吉といえば、お金がなかったのもきつそうだったけど、何よりお笑いに飢えていた。上島:『有吉大喜利センター』という大喜利大会を主催してた。有吉が大喜利のお題をメールで芸人仲間に一斉送信する。そして、芸人から来た答えを有吉が順位づけしていく。肥後:その批評が的確なんだよ。“今回のお題に対して、このボケは非常にいいと思いますが、ここの部分を直すともっといいですから、78点”とか、すごいためになる。上島:それを見て、おれらも喜んでた。本当に有吉は、そんなことばっかしてたね。肥後:まあ、時間を持て余してたんでしょう。上島:そう、そう。仕事がなくてイライラしてた。月に100本仕事したいって言ってたのを覚えてる。だから、今はそれが叶って、おれらは嬉しい。肥後:2014年はもっと芸能界の上に行くんじゃない。オピニオンリーダーになって、あいつの価値観が世間を動かすんじゃないかな。もう有吉を敵に回したら怖いね。紅白の司会とかやるんじゃないの!?上島:有吉と仲良くしておいて本当によかったよ(笑い)。土田も劇団もそうだけど、後輩には低姿勢で接したほうがいいね。いつ抜かれるか売れるか、わからないから、これからは、ペコペコしていこう。肥後:そうだね。あと、おれは有吉に2014年の芸能界をどうやって生き抜いていけばいいかを聞きたい。上島:それ、おれも(笑い)。※女性セブン2014年1月9・16日号
2014.01.04 07:00
女性セブン
竜兵会トップ肥後克広と上島竜兵が「地獄時代」の有吉を語る
竜兵会トップ肥後克広と上島竜兵が「地獄時代」の有吉を語る
 現在、超売れっ子芸人の有吉弘行(39)が所属しているのが竜兵会だ。竜兵会とはダチョウ倶楽部の上島竜兵(52)と肥後克広(50)を中心とした芸人集団のこと。活動は、ひたすら飲み会。1990年代後半に結成され、中野や高円寺の居酒屋でほぼ毎日飲んでいた。 だが、メンバーの有吉、土田晃之(41才)、劇団ひとり(36才)らが売れっ子になったため、現在は活動休止状態。有吉は、「この会があったから、芸人をやめずにいられた」と、上島と肥後への謝意を公言している。そんな2人が有吉の“地獄時代”から現在の活躍までのエピソードを明かしてくれた。肥後:毎日飲んでたころは、居酒屋で、“おれの隣に座れ”って露骨に有吉を取り合ってたよね。上島:リーダーなんか、もう、酔っ払って、“おれの養子になれ”って言ったぐらいで。肥後:ある時、有吉を飲みに誘ったら、“仕事です”って断られて、イラッときた(笑い)。その気持ちを自分で分析したら、有吉を好きなんだっていうのがわかったの。上島:(笑い)肥後:当時仕事がなかった有吉はスケジュールに余裕があるから、長期の海外ロケが入ることもあった。“おまえが日本にいないと寂しいから、仕事をするな。海外ロケのギャラを払うから、近くにいてくれ”って告白した。上島:有吉は、目上の人の扱い方が天才的にうまい。2人で飲んでると、結局、おれがあいつに相談するんだよ。“この前、番組でスベったよ”と弱音を吐く。すると、“上島ちゃんは上島ちゃんでいいのよ”なんて言ってくれる。そう言われると、なんか勇気が出てくるんだよ。後輩に言われて勇気が出るのもおかしいんだけどね(笑い)。  しかも、有吉は酔っぱらうと、おれの前で、“本当はリアクション芸人になりたかったんです”って泣いたりして。本当にかわいいやつなんだ。※女性セブン2014年1月9・16日号
2014.01.03 16:00
女性セブン
ダチョウ肥後 上島&寺門と結成は「たまたま連絡ついたから」
ダチョウ肥後 上島&寺門と結成は「たまたま連絡ついたから」
「人生のいちばんの転機は、やっぱりダチョウ倶楽部の結成ですね。30年ぐらい前かなぁ」 とゆるーく語り出したダチョウ倶楽部のリーダー、肥後克広(49才)。その結成の仕方も実にゆるかった。「お笑い芸人を目指して、渋谷道頓堀劇場で修業をしていたころですね。“芸人でやっていくか”って言っている割に努力も何もしない、そういう人間だったんです。そんなときにコント赤信号の渡辺正行さん(56才)が、新人コント大会を主催していて、“肥後、お前も出ろ!”って言われまして。“あ、いいですね”って答えたけれど、実は右から左に抜けていました(笑い)」 そんなとき新宿を歩いていると、渡辺とバッタリ会ってしまった。「ネタ作りは進んでるか」「えっ、何の話ですか?」「お前なぁ。もうみんな作ってるぞ!」「あ、あの話ですか…。メンバーが連絡つかなくて…」「とにかく連絡のつくメンバーを集めろ!」 こんなやりとりがあって、肥後は焦ってコントをやるメンバーを集めることに。当時、ダチョウ倶楽部の前身となる、キムチ倶楽部というグループを結成していた肥後は、まずそのメンバーに連絡をすることに。「メンバーは3人以上いたんですが、携帯のない時代なので、家に電話をしてたまたま連絡がついたのが上島(竜兵・51才)と寺門(ジモン・50才)でした」(肥後) 新人コント大会の結果はまずまずの成績。渡辺から「じゃ来月も出るか」そんなふうに言われることが続き、それが繰り返され今の3人組スタイルの基礎ができあがっていった。それから今までなんとなく続いてきたと肥後は笑う。「グループがこんなに続いているということは、電話をとったふたりがベストなメンバーだったんでしょうね」※女性セブン2013年1月31日号
2013.01.21 07:01
女性セブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン