国内

自称「仮想通貨女子」に450万円騙し取られた46歳男性の嘆息

勉強熱心な「仮想通貨女子」に紛れてニセモノが…

 カメラ女子、刀剣女子、カープ女子など、従来は熱心に取り組む女性が少なかったジャンルにその姿が増えはじめると「○○女子」と呼ばれたり、自称するようになる現象が続いている。新しいところでは、ビットコインなどの仮想通貨の投資や運用に熱心な「仮想通貨女子」がある。ライターの森鷹久氏が、仮想通貨女子を名乗る女性のひとりとの出会いをきっかけに、大金を失った男性の体験を聞いた。

 * * *
 通勤途中の電車の中で、とある雑誌を読んでいた満本太郎さん(仮名・46歳)は思わず「あっ!」と声を上げた。”仮想通貨女子”として雑誌の企画に登場していたその女こそ、かつては憧れ、今では忌々しい”ドロボウ猫”としか思えないA香(30代)だったからだ。

「SNSを通じて知り合った男性から”投資に興味はないか”と誘われ参加したセミナーにA香はいたんです。独り身の静かな生活で貯め込んだ一千万は、三分の一以上をA香に吸い取られた……。おいしい話はない、とわかっていたのに……」

 下唇を噛み締め話す満本さんだが、昼間は上場一部の鉄鋼メーカーに勤務するバリバリのサラリーマン。仕事以外にとくに打ち込むものもなかったので、同僚に勧められて株式投資を始めると貯蓄が1.5倍に増えた。これに気をよくして、本業をおざなりにしてまで「投資」にどっぷりハマっていった。そんな時、知人経由で連れて行かれたのが「仮想通貨投資セミナー」だった。

「ちょうど昨年の10月末頃です。セミナーにいた女性数人のグループが、全員資産が数千万から数億円という”億り人”などと呼ばれていました。A香も、仮想通貨で数百万を一億円近くまで膨らませた、と吹聴していました」

 モデルのようなスタイルで品が良く、それでいて身体中から溢れるセクシーな雰囲気。男好きするA香から「一緒に投資をしましょう」と言われると、女性に免疫のない満本さんは舞い上がってしまい、言われるがまま、まずは150万円をA香に手渡した。A香が金を預かり、自身の裁量で投資して資産を増やす……。冷静に考えれば詐欺を疑う怪しい手法ではあったが、満本さんにはすでに冷静さを失っていた。

「若くて美しい女性が僕に振り向くことはないが、僕の金に魅了されることはあるでしょう。でもA香は違った。そこまで若いわけではないし、自身は裕福だし、僕を選んでくれたのは”安定”の部分を見てくれたのだと」

 すでにA香と肉体関係を持っていた満本さんは、当時は本気で結婚まで考えていたという。しかし、破局はすぐに訪れた。そしてそれは、気変わりなどではなく、やはり”カネ”にまつわることがきっかけだった。

「A香は、仮想通貨の”リップル”に投資した、と話していました。リップルの価格が昨年末急激に上昇し、これは儲かったと思いA香に連絡しましたが、聞いてもはぐらかされるだけ。次第に電話にも出ないようになり、やはり騙されたのかと気がつきました」

 はじめの150万円に加え、追加で300万円をすでにA香に渡していたのだから、満本さんも気が気でない。気持ちを確かめたわけではないが、本気で結婚を考えていた女性に、借用書も書かずにカネを渡していた自分を心から恥じた。そして、別のセミナーにA香が出席することを知った満本さんは、会場前で出待ちし、後をつけ、A香の家を割り出したのだった。そしてA香を問い詰めた。ところが……。

「カネは”信用できる交換所に入れてある”というばかり。証拠を見せろと言っても何もない。次第に、預かったカネには運用委託料もコンサル料も含まれている、などと訳のわからないことを言いだしました。警察を呼ぶ、訴える、と僕がいうと、部屋の奥から出てきたのは浅黒く、いかにもカタギではない雰囲気の男性。僕をストーカーだと決めつけ、不退去罪で警察を呼ぶと逆に怒鳴られてしまって……」

 すごすごと退散した満本さんだが、その後もA香とメールでのやり取りだけは続けていた。相変わらず「カネは心配ない」という返答が続いていたが、それが「返せないかも」になったのは、今年1月26日以降。大手仮想通貨取引所「コインチェック」で仮想通貨流出事件が発生、取引所の閉鎖騒動が発生した日からだ。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン