スポーツ

羽生結弦、ケガして以降コーチと密に接しいざ本番へ

連覇がかかった羽生結弦がいよいよ本番へ

 平昌オリンピックフィギュアスケート男子の公式練習が行われた2月13日、フリーの『SEIMEI』の曲を流し、動きを確認した羽生結弦(23才)。4回転ジャンプも決めるなど順調な調整ぶりで、練習後の会見でもこう答えた。

「クリーンに滑れば絶対に勝てる自信はあります。問題はないです。これ以上ないことをしてきたので、何も不安要素はありません」

 昨年11月、NHK杯(東京)の公式練習で右足関節外側靭帯を損傷。シーズンの残り試合はすべて欠場し、氷上練習を始めたのは今年1月半ばから。今大会では団体戦出場も回避し、2月16日からの男子シングルはぶっつけ本番だ。

 しかし、羽生同様に自信をみなぎらせるのはコーチのブライアン・オーサー氏(56才)だ。2012年からコンビを組み、羽生は練習拠点をカナダ・トロントに移した。そのオーサーコーチは愛弟子の状態について、五輪開幕直前に「日に日によくなっている。大丈夫だ」と自信ありげに述べた。

「ここ数年、実際にはオーサーがつきっきりで羽生の練習を見るのではなく、オーサーの下にいる専門性の高いスタッフが彼に指導する態勢を取ってきました。しかし、昨年11月にけがをして以降、それまで以上に2人は密に接しているようです」(スポーツ紙記者)

 連覇がかかった五輪シーズンのアクシデントを乗り越えるため、羽生はコーチと話し合い、ある決断をしたという。

「羽生はけがをすると、日本で治療することが多い。たとえば、2014年シーズン末に足首を捻ったときは都内の大学病院で処置を受け、地元・仙台で信頼する整体師の元に通って治療しました。しかし、昨年のけがの時は1週間ほど日本にいただけで、すぐにカナダに戻り、現地で治療にあたりました。

 また、例年であれば12月末の全日本選手権に出場した後、気分転換もあって年末年始は仙台の実家で過ごしました。ところが今年は帰国せずにトロントで年を越したそうです。いつ練習を再開できるのかわからないギリギリの判断の中で、コーチのそばにいて密に意見交換をしたようです。不安の声も聞こえますが、周囲は驚くほど落ち着いています」(前出・スポーツ紙記者)

 そんな羽生を支え続けたのは母親の由美さん。羽生とともにトロントに渡り、衣食住をフルサポートした。

「実は一時、羽生の恋愛関係にお母さんが意見をして、母子があまり口をきかないことがありました。しかし、今はけがもあってカナダで2人っきりで落ち着いて過ごす時間が増えた。“反抗期”が過ぎ去って、良好な関係に戻ったようです」(羽生家の知人)

 羽生はけがという逆境を経て“周囲を信頼して、頼るべきところは頼る”というスタンスになったという。66年ぶりの五輪連覇!というニュースが飛びこんでくるか。

※女性セブン2018年3月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン