芸能

『BG』名古屋で視聴率が高い理由は木村拓哉との「相思相愛」

いよいよ最終話を迎える『BG』(公式サイトより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、いよいよ最終話を迎えるドラマ『BG』の、あるエリアでの高視聴率の理由を分析。

 * * *
 1月18日オンエアの第1話=20.6%、以降、第2話=22.9%、第3話=19.6%、第4話=17.9%、第5話=18.7%、第6話=19.2%、第7話=19.1%、第8話=19.9%…。どこから見ても絶好調に推移している視聴率であることがおわかりいただけるだろうが、「今期、そんなドラマがあったっけ?」と不思議に思われる方も多いだろう。

 実はこの数字は、メ~テレ(名古屋テレビ放送)での木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』各話の平均視聴率なのである(ビデオリサーチ調べ)。

ちなみに関東地区のテレビ朝日の平均視聴率は第1話=15.7%、第2話=15.1%、第3話=13.4%、第4話=13.6%、第5話=14.0%、第6話=14.8%、第7話=15.8%、第8話=16.4%。つまり、名古屋のメ~テレでの数字は4~7ポイントも高いのだ。

 視聴率というと関東地区のそればかりが取り沙汰されるものだが、“現場”は全国の結果を共有しているもので、それが演者に伝わることも多い。

 概ねそれは、関東地区より際立って高い数字が地方で出たときに伝えられるもの。そして『BG~』に主演する木村拓哉本人も名古屋の高視聴率情報を把握していることが「第2話=22.9%」のタイミングで実現した木村へのインタビューの際に判明した。

 木村主演のドラマといえば、朝ドラや大河ドラマ、月9、紅白などと共に、数字の推移が毎回のように取り沙汰されるもの。「腹割ってお話しちゃうと『(数字の良し悪しを)気にしない』って嘘だと思うんですよ」と木村は正直だ。

 名古屋の高視聴率を知った瞬間は、「出演者もスタッフも 気持ちがグッて上がるんです。これが、ものすごい推進力になってるんです」と。さらには「関東にその勢いを伝えてほしいですね」とも言っていた。名古屋の高視聴率のニュースが関東に伝わったからではないと思うが、最終話に向けて関東地区でも2週連続で最高視聴率を更新したことが話題になっている。

 放送作家として日々、視聴率の分析は、かなり細かくやっている。その高低には、横並びの番組の強さや当日の天候、曜日の特性や時間帯など多数の条件が関わってくるものだ。特に今期は平昌五輪開催と重なっていたため、“実力”以外の要素に左右される連続ドラマが多かった。

関連記事

トピックス

スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン