国内

フードロス防止策 ドギーバッグと自己責任カード普及が重要

0~1フードロス削減に貢献、2~5及第点、6以上はフードロスの増加に加担(井出留美著『賞味期限のウソ』より引用し編集部改編)

 食品関連事業者から出る年間のフードロス339万tのうち、レストランや居酒屋など外食産業から出るのはおよそ120万t。うち7割弱が注文した料理の『食べ残し』である。

「フードロスを防ぐには、この食べ残しをいかに減らすかがポイントです」

 そう語るのは、愛知工業大学経営学部教授で「ドギーバッグ普及委員会」の理事長を務める小林富雄氏。

 ドギーバッグとは、レストランなどで残した食べ物を持ち帰るための容器や袋のこと。アメリカ発祥で、食後に「残りは持ち帰ってペットの犬に食べさせます」と店員に告げたことから名づけられた。

「日本は、欧米に比べて持ち帰り文化が普及していない。理由は飲食店側の過度な衛生管理にあります。戦後の日本では、不衛生な食品の流通を防ぐため、保健所が飲食店を厳しく指導し、食品衛生法で食中毒を起こした飲食店の名前を公表することを定めました。このため、飲食店側は、客が持ち帰りを望んでも断る方向になったのです。持ち帰った先で食中毒でも起こされたら、お店は責任を取れませんからね。

 しかし、食品衛生法では、持ち帰りを禁止する決まりはありません。しっかり火を通したものであれば、よほどのことがない限り安全なのですが、今も戦後の名残を引きずっているわけです」(小林氏)

 時代を経て、客側に“持ち帰るのは恥ずかしい”との意識が芽生えたことも、フードロスを生む要因となった。

 ドギーバッグ普及委員会は、こうした「恥ずかしさ」を払拭するため、おしゃれで携帯しやすいプラスチック製のドギーバッグと、「自己責任カード」を会員に配布している。

「“お店には迷惑をかけません”と消費者が自らアピールすることで、残った食べ物をスムーズに持ち帰ることが狙いです。自己責任を浸透させ、持ち帰り文化が日本に定着すれば、手つかず状態だった『食べ残しによるフードロス』を減らせるはずです」(小林氏)

◆スーパーで棚の奥から取る習性も影響

 また、忘れてはならないのが、各家庭におけるフードロスの問題だ。家庭から出るフードロスは年間282万t。全体の45%を占めている。家庭でのフードロスについて、『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書)の著者で、この問題に詳しい井出留美さんは「買い方」と「食べ方」が大きな要因だと指摘する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト