国内

「芸能人Xの薬物疑惑」まとめサイト管理人を直撃してみたら

「まとめサイト」管理人に聞いてみた

 気心の知れた人たちだけがいる場所で、テレビを見ながら有名人について、根拠がない噂話をするのは自由だ。だが、それをネット空間へ文字にして放出する行為は自由ではない。名誉毀損や業務妨害などの罪に問われ、フェイクニュースをまき散らす悪質行為だ。にもかかわらず、真贋のあやしい情報ばかりを載せた悪質な「まとめサイト」は増えるばかりだ。ライターの森鷹久氏が、そのまとめサイト管理人のひとりに、なぜ「まとめサイト」を始めたのかについて聞いた。

 * * *
「芸能人Xはシャブ中! その噂の真相とは?!」

 筆者がとある芸能人・Xの名前でネット検索しようとしたところ、Xの所属事務所が開設したホームページやX自身のツイッターやインスタグラムといった公式アカウント、ウィキペディアページのすぐ下に、このような文言とURLがヒットした。ネットを利用するみなさんならご存知だろうし、ネット検索の「あるある」話だが、いわゆる「まとめサイト」と呼ばれる類のページである。

「まとめサイト」とは、ネット上にある情報をひとつのテーマのもとに集めて提示しているページのことだ。巨大掲示板「2ちゃんねる」(現・5ちゃんねる)を読みやすいように抽出してまとめたものが人気を集め、以後は、掲示板のまとめだけでなく、多岐にわたる情報に関するまとめサイトが乱立している。

 まとめサイトに関しては、著作権を侵害している、嘘情報を蔓延させている、などの指摘が相次いでおり、いわゆる”フェイクニュース”がはびこる原因とも言われている。誹謗中傷を広めているまとめサイトの特徴は、ネット上に散乱している真偽不明の情報を集めて切り貼りし、いかにもニュースであるかのように”それっぽく”まとめあげて、一つの記事としてサイトで公開している、というものだ。これらまとめサイトには多数の広告が貼り出されていたり、最近ではサイト閲覧者のパソコンを密かにのっとって仮想通貨の「マイニング(採掘)」をさせるなどして、収益を出している。

 つまり、サイト来訪者が多ければ多いほど金が儲かるので、人を呼び込む為には、情報の真偽などは重要視されず、できるだけ注目されそうなタイトルをつければ良い、といった傾向が、まとめサイトの多くに見受けられる。

 さて、冒頭で紹介した芸能人Xの薬物中毒疑惑について書かれていたまとめサイトだが、記事自体は2016年に執筆されたもののようだった。中身に関しても御多分に漏れず「……といわれている」「……とネット上で噂に」といったテイストで記事が執筆されているが「芸能人Xが覚せい剤中毒であるという事はある程度濃厚」などとまとめられている。筆者は、このまとめサイトの管理人を割り出し、なぜそのような記事を執筆し公開したのかについて聞いた。

 管理人の「割り出し」といっても、作業は単純なもので、まとめサイトのドメイン所有者情報を調べただけ。

 ドメインとはインターネット上の住所にあたるもので、オリジナルのホームページをつくるなら、必ずドメインを取得することになる。この登録された所有者情報は一般に閲覧できるようになっているため、知られたくないとドメイン取得を代行業者へ依頼したり、情報を隠すのが今では一般的だ。そのため、ドメイン所有者情報からサイト所有者にたどりつきにくくなっているが、稀に住所や氏名、携帯番号までがわかる場合がある。問題のサイト管理人の連絡先は、このプロセスで全て入手ができたが、それだけではなかった。

 ドメイン情報では氏名がアルファベットで記載されていたが、その氏名をあてずっぽうに漢字変換し検索すると、当該人物のものであろうと思われるフェイスブックやインスタグラム、ミクシィやブログに簡単にたどり着いた。そこでプロフィールとして表示されている居住地や出身地、卒業高校などの情報、そして子供の写真や日々の日記などを総合すると、ドメイン所有者の住所に居住していても不思議はない。SNSの人物とサイト管理人が同一人物である可能性が極めて高いと結論づけられた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン