• TOP
  • ビジネス
  • 世界が注目の「重粒子線がん治療」最新施設建設の画期的工法

ビジネス

2018.04.01 07:00  週刊ポスト

世界が注目の「重粒子線がん治療」最新施設建設の画期的工法

 現在は外来診療のみの受付で、10月からは治療が始まり、隣接する大阪国際がんセンターなどとの連携も開始する。同センターには国内外からの問い合わせが殺到しているという。

 がん最先端治療を支える施設には、随所に仕事人たちのプロフェッショナリズムが息づいていた。

◆撮影/杉原照夫

※週刊ポスト2018年4月6日号

関連記事

トピックス