• TOP
  • スポーツ
  • 小川監督と井口監督 優勝できなくてもOKの合格ライン

スポーツ

2018.04.04 16:00  週刊ポスト

小川監督と井口監督 優勝できなくてもOKの合格ライン

ヤクルトは最下位から脱出できるのか(時事通信フォト)

 活躍できない者は去るしかない、厳しいプロ野球の世界。ところが、中日・松坂大輔(37)や巨人・阿部慎之助(39)のように“そこそこプレーしてくれればいい”と陰で言われ“合格ライン”が低くなっている大物選手もいる。一方で監督の“合格ライン”も存在する。

 昨季セ・パ両リーグで最下位に甘んじ、ともに球団ワーストとなる黒星を喫したヤクルト(昨季96敗)とロッテ(同87敗)はそれぞれ、新監督がチームを率いる。4年ぶりにヤクルトに復帰した小川淳司監督と、現役引退後即監督となった井口資仁監督だ。

「ロッテは大きな補強がなく、井口監督は監督1年目にして現有戦力の底上げで勝つしかない状況に置かれている。それだけに“勝てなくて当たり前”と開き直れる、12球団で一番ハードルが低い監督といえます。

 ヤクルトの小川監督は、同時に就任した宮本慎也ヘッドコーチが監督になるまでのワンポイントと見られており、結果よりも、“2年後といわれる政権移行までチーム内をうまくまとめるのが仕事”といわれている」(スポーツ紙記者)

※週刊ポスト2018年4月13日号

関連記事

トピックス