• TOP
  • 国内
  • 震災・原発事故から7年、安易な「安心」に飛びついてはダメ

国内

2018.04.13 16:00  週刊ポスト

震災・原発事故から7年、安易な「安心」に飛びついてはダメ

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 2011年に起きた東日本大震災と福島第一原発事故から7年。当時、誕生した子どもは小学校に入学するほど時間が経った。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、福島県で続けられている子どもの甲状腺検査と、事故を風化させない復興の歩みについて考えた。

 * * *
 東日本大震災と福島第一原発事故から7年が経過した。放射能のホットスポットが点在した福島県飯舘村でも除染が進み、この春、小中学校が再開した。

 仮設の学校はこれまで福島市にあった。ぼくも数年前、仮設の中学で「命の授業」をしたことがある。今回の再開により、児童・生徒約600人のうち約100人が飯舘村の学校に戻ってくる。多くの子どもたちは、村外の仮設住宅からバスで通学するという。

 小学校1年のとき、原発事故に遭った子どもたちは、中学2年になった。村に戻るかどうかは、中学生一人ひとりが真剣に考えて決めた。親が決めたり、友だち同士で誘い合ったりすることなく、自己決定したという。

 3月初めに飯舘村を訪ねたが、子どもたちの成長を見ると、7年という時間の重みを感じずにはいられない。

 放射能は見えない。だから、忘れようと思えば、あっという間に忘れられてしまう。

関連記事

トピックス