ライフ

横須賀軍港を巡って無人島を探検 「猿島」日帰りバスツアー

横須賀港に停泊する巨大なイージス艦

 ゴールデンウィークにどこか旅行に行きたいけど、予算もないし、泊りで行くのも大変…という人もいるだろう。そんな人におすすめなのが、1万円以下の日帰りバスツアーだ。旅行ジャーナリストの渡辺輝乃さんはこう話す。

「東京発のバスツアーなら、はとバスがおすすめ。22もの新ツアーが誕生し、種類・内容ともに充実しているからです」

 そんな渡辺さんのアドバイスを受け、本誌・女性セブンの記者が実際に体験するべくツアーを検索。そこで特に人気が高かったのが、神奈川県の横須賀軍港を巡り、その後、東京湾の無人島・猿島へ向かうツアーだった。

 早速予約を入れると、出発日1週間前だったせいか、残席が1人分。ギリギリ参加できたが、人気の高さをうかがわせた。

 ツアー当日、東京駅を朝8時過ぎに出発。約1時間30分で横須賀に到着すると、遊覧船に乗り換え、海上自衛隊やアメリカのイージス艦をはじめ、潜水艦などを間近で見学。

「日米のイージス艦が両方見られるのは、日本でもここだけ」と言う、ガイドの言葉に、シャッターを切る手が止まらない。

 一度“陸”に戻って、魚介の舟盛り定食でランチを済ませると、本日のメイン、猿島へ。猿島とは、東京湾に面した三笠公園から沖へ約1.7kmに浮かぶ無人島で、幕末から太平洋戦争後まで、首都防衛の拠点となった場所。今でも島のあちこちに軍事遺産が残る。このツアー最大の見どころは、ガイドに兵舎や弾薬庫内に、特別に案内してもらえること。レアな体験ができるわけだ。

「自然の中にたたずむレンガ造りの遺構が“映画のワンシーンのよう”と人気で、年間18万人が来島するんです」

 と言う、ガイドの話を聞きながら、ノスタルジックな風景の中を1時間30分ほど散策。

 その後、横須賀港に戻り、記念艦「三笠」を見学後、ショッピングを楽しみ、17時30分過ぎに東京駅に戻ってきた。1日の出来事とは思えないほど貴重な経験ができ、コスパのいい旅だったといえる。

「横須賀軍港めぐりと無人島「猿島」探検ツアー」
●出発地:東京/東京駅
●旅行代金:9600円
●出発日:4/21・4/22・4/28・4/29・4/30、5/1~5/6(以降も設定日あり)
●コース:東京駅発~YOKOSUKA軍港めぐりクルーズ~なぶら よこすかポートマーケット店で昼食~猿島~記念艦「三笠」~よこすかポートマーケットで買い物~東京駅着 
●問い合わせ:はとバス予約センター

※女性セブン2018年4月26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト