国内

PTA、事情通になる等利点あるが「もう縛られる時代では…」

PTAも近代化が必要

 毎年保護者の頭を悩ませているPTA問題。昔から母親にとって負担の大きいPTAだが、とりわけ最近は「入会をめぐるトラブル」が続出している。発端は昨年3月、ツイッターに投稿された「♯PTAやめたの私だ」というハッシュタグだった。女性同士の人間関係トラブルや無駄に長い会議など、PTA活動に悩む母親たちが退会するまでのプロセスを思い思いに綴り、各メディアに取り上げられる騒動となった。

『♯PTAやめたの私だ』騒動をきっかけに、“強制力はないので参加しなくてもいい”という事実が広まる一方、“やらない人は許さない”との風潮も根強くなり、両者の対立が深まっている。 その一方で、PTAの存在価値を認める声も存在する。

『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)の著者で書評家の杉江松恋さんもその1人。PTA会長に就任して硬直化した組織の壁にぶち当たった杉江さんは、「力を抜く」ことを方針にした。

「どうすればPTA役員が疲弊せずにすむかを考えました。PTAが使う部屋にノートを置いて、立ち寄った人は何か書くようにして、PTA便りを部屋に張るなど大学のサークルに近いノリにしました。執行部が“ユルい”感じになれば、他のメンバーも言いたいことが言えると思って、『がんばらないを、がんばろう』を裏スローガンにしたんです。そうして力を抜いた活動を続けていくと、人間関係が徐々にスムーズになっていきました」(杉江さん)

 3年間の勤めを終えた杉江さんはPTAをこう評する。

「続けていたら、嫌なことと同じくらいいいこともありました。価値観の違う保護者と話し合う中で、“自分と違う人がいて当たり前”という考えが身についた。地元に友人ができたことも、PTA会長をやり遂げたからです」

 タレントの千秋(46才)は、娘が小4の時にPTA広報委員を務めた。主な仕事は月1~2回、2時間の役員会だったが、PTA活動のメリットは大きかったと、かつて雑誌のインタビューで語っている。

《上の学年の人から、いろんな情報が入ってきたのはよかったです。運動会の場所取りのコツとか、『何々の準備はいつ頃から始めておくのがいい』とか、先々の情報を教えてもらえて助かりました。

 同じクラスの人とは普段から話す機会があるけれど、上の学年の人はPTAでもやらないと知り合いができにくいですよね》

 2013年には、秋篠宮妃紀子さまも、悠仁さまが通われるお茶の水女子大学附属小学校でPTAの学年委員を務められている。

「運動会や遠足、じゃがいも堀りなどさまざまな学校行事のお手伝いをする学年委員は、PTA役員の中でも最も大変といわれる大役です。紀子さまは率先して立候補されたので、保護者たちも感銘を受けました。結果的に、ママ友たちといい関係を築け、ご自身の成長にも繋がったようです」(学校関係者)

◆ナイーブな情報を知ることも可能に

 川崎市のある中学校の国語教師は、教育者としての立場からPTAの存在を評価する。

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン