国内

「高齢ドライバーは全員認知症」と診断する医師たちの事情

75歳免許更新検査の不都合な真実とは

「アクセルとブレーキを間違えた」や「突然の暴走」など、高齢ドライバーの交通事故増加を受け、昨年3月の道路交通法改正で75歳以上には免許更新時の認知機能検査が義務づけられた。

 だが、最終的に「運転する権利を取り上げるかどうか」を判断するのは国交省の役人でも警察官でもない。民間の医師たちだ。彼らにとって、その葛藤は深まるばかりだという。

◆異例の声明

 4月4日、日本医師会が定例記者会見で、改正道交法について、“医師の訴訟リスクの解消”を求める答申を発表した。

 同法が規定する認知機能検査で「49点未満」の人は認知症の疑いがある「第1分類」と判定され、免許更新に医師の診断書の提出が必要になる。

 そこで医師が「認知症で運転するのは危険」と判断すれば免許は取り消しになる。「認知症ではない」と判断された高齢ドライバーは免許更新が認められ、これまで通りハンドルを握ることができる。実に“合理的な規定”だが、医師にとっては不条理な問題なのだという。交通事故裁判に詳しい星野・長塚・木川法律事務所の星野宏明弁護士が解説する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
尹錫悦・大統領(右)の対日協調路線は、李在明氏の影響で…(写真=AA/時事、AFP=時事)
韓国・尹錫悦大統領、ライバル・李在明氏の国政進出で早くも反日転向か
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
二階派に動き?(時事通信フォト)
二階俊博・元幹事長に不気味な存在感 日韓関係修復で総理を出し抜く計画か
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン