芸能

滝藤賢一と松雪泰子 「朝ドラ初」夫婦手つなぎシーンの絶妙

視聴率も好調(番組公式HPより)

 思わずひきこまれる印象的なシーン──たとえそれが主人公不在の、ストーリーの“本流”と異なる部分であったとしても──そこが作品のクオリティを象徴することは珍しくない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 NHK連続テレビ小説98作目『半分、青い。』もスタートして1か月半が過ぎました。ここでいったん「岐阜編」は区切りを迎え、いよいよ永野芽郁演じる主人公・鈴愛(すずめ)は漫画家を志して上京。「東京編」に突入、というタイミング。そもそも朝ドラに求められる基本5要素を振り返ってみると──。

1.「成長のドラマ」──人が成長し変化していく姿を描く
2.「共感性」──ストーリーの展開以上に、共感が基調
3.「登場人物の多様性」──家族一人ひとり年齢や性別、性格、仕事等にリアリティとバラエテイがあり、視聴者は誰かに感情移入できる仕掛け
4.「肯定性」──問題を抱えていたり、人として不十分な部分があっても、決定的な悪人や目を背けたくなる残酷な意地悪といった要素はない
5.「地域性」──土地の個性(今回は岐阜)が描かれ、日常の食や仕事風景といった生活の細部がリアルに見える

 といった5要素についてここまでの『半分、青い。』は十分に満たしています。「朝ドラはこうあってほしい」と視聴者が思うツボを見事に押さえた出来映え、と言えるでしょう。

 とにかく主演を務める永野芽郁の演技が上手い。高校を出たばかりの18歳だそうですが、脚本に描かれている一つひとつの場面の意味をしっかりと理解し把握していて、セリフを血肉化している。だから、前作のように主役の一挙手一投足に引っかかったり違和感を抱くことなく、視聴者は安心して見ていられる。スムーズに物語の世界へ入っていけます。

 永野さんご本人が「自分の顔が好きではない」と公言しているように、誰もが美人と思う整った美形タイプではないのかも。いわば個性派、ファニーフェイスに分類されるかもしれませんが、むしろそれが強味になっていて、生活感や躍動感、現実感につながっています。ちょっと野暮ったくて大人になりきれない少女。「枠からはみ出す」感じを上手に演じ、それが「岐阜編」の基本テイストとなっていました。

 今後鈴愛が大人になっていく過程で、その「はみ出し感」がどう変化していくのか、見物です。ありきたりな大人になり平板になってはつまらないけれど、子供のままでも進展がないわけで、そのあたり注目点でしょう。

 実は「岐阜編」で、主人公以上に大きな共感を集めた要素がある。それは、「ありそうでなさそうな中年夫婦」の姿。鈴愛の父親・宇太郎を演じる滝藤賢一と母親・晴を演じる松雪泰子の夫婦です。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン