国内

婚活女性、出会い系アプリで3か月で104人とデートし結婚へ

アプリ婚活 3ヶ月で104人とデートし結婚した女性も(写真/アフロ)

 昨今スマホの出会い系アプリを利用する人も増えているようだが、出会い系アプリで恋人を見つけた関西地方の商社に勤める田代美保さん(仮名・29才)が言う。

「私が使ったアプリは『Pairs』です。社会人になって出会いが少なくなり、社内恋愛も嫌だったので“もうアプリしかない”と思って利用しました。最初はアプリ内に自分の写真を載せることへの抵抗があったけど、個人情報はなるべく出さないよう気をつけました」

 田代さんの周囲にも利用者は多いという。

「取引先の会社の独身の男子はみんな使っています。私の恋人は長い間アメリカに留学していたので、日本の友人や出会いが少ないので使い始めたと言っていました。ネットでの出会いは私たちの世代では当たり前のことだけど、親にはまだ『マッチングアプリで彼氏と出会った』とは言えないでいます」(田代さん)

 婚活コンサルタントの澤口珠子さん(40才)も男性との出会いを求めてアプリを利用した1人。

 澤口さんのすごいところは、「回数」をこなしたことだ。彼女は出会い系アプリを利用して3か月で104人の男性と1対1のデートをした。

「私が使ったアプリは『Pairs』『Omiai』『マッチアラーム』の3種類です。朝マッチング(お互いの好みの条件が合うこと)した男性とその日の夜に会うこともありました」(澤口さん)

 婚活コンサルタントとしてネット婚活のリサーチをするため、男性とデートしていた側面もある澤口さんだが、2015年3月に出会った104人目の男性に人生を変えられた。

 その日、待ち合わせに現れたのは、現在の夫である長岡武司さん(32才)だった。

「最初に彼と会ったとき、とくに『ビビビ!』とはなりませんでした(笑い)。リサーチ目的だったので彼の状況を聞くと、『アプリでたくさんの女性と出会って、実は今、本命が2人います』と恋愛相談を受けました」(澤口さん)

 当時の様子を長岡さんが振り返る。

「澤口は経営者で恋愛のプロでもあり、さらにリサーチ目的だったので、最初はギラギラしていて。正直怖い印象があり、恋愛対象ではなかった(苦笑)」

 しかし、お酒を飲んでいるうちに意気投合。その日のうちに3軒はしごしたという。1か月後にはグループで山登りをし、3回目のデートで一夜を共にした。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン