ライフ

キャシー中島 最愛の夫に見られているとお腹引っ込める

近年はハワイアンキルトでも有名なキャシー中島

 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

 タレントのキャシー中島さん(66)が持ってきたのは、結婚30年の記念に夫・勝野洋氏に贈った「うたた寝用キルト」だ。

 パッチワークキルトに魅了され、今や日本のハワイアンキルトの第一人者。結婚30年の記念に夫・勝野洋に贈った「うたた寝キルト」は制作期間およそ1年。共に俳優である夫と息子をイメージした2頭の馬の周囲に、輝き続けることを願って星をデザインした愛情溢れる秀作だ。

「一針一針、縫い進める時間の流れは穏やかで、私にとっては癒しのひととき。夫は自分のために時間を費やしてくれたことがうれしいと喜んでくれました」

 作品制作、キルト教室での指導、テレビ出演など多忙な日々を過ごすが、近頃終活も頭をよぎる。「今でも“勝野さんに見られている!”と気づくとキュッとお腹を引っ込める」というほど、最愛の夫と過ごす時間を最も大切にしている。夫婦ふたりきりで行く海外旅行も増えた。「日本を離れて過ごす時間はとても貴重で、今後の人生についても熱く語り合います。いつまでも旅ができるよう、今は“元気でいようね”が合言葉です」

【プロフィール】きゃしー・なかじま/1952年、ハワイ・マウイ島生まれ。1969年にモデルデビュー。1979年、俳優・勝野洋と結婚。ハワイアンキルト作家としても活躍し著書多数。原案を担った舞台『すなっく ラ・ボエーム』が5月15日より東京・俳優座劇場にて上演。

◆撮影/渡辺達生、取材・文/スペース リーブ

◆小学館が運営する『サライ写真館』では、写真家・渡辺達生氏があなたを撮影します。詳細は公式サイトhttps://serai.jp/seraiphoto/まで。

※週刊ポスト2018年5月25日号

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン