ライフ

キャシー中島 最愛の夫に見られているとお腹引っ込める

近年はハワイアンキルトでも有名なキャシー中島

 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

 タレントのキャシー中島さん(66)が持ってきたのは、結婚30年の記念に夫・勝野洋氏に贈った「うたた寝用キルト」だ。

 パッチワークキルトに魅了され、今や日本のハワイアンキルトの第一人者。結婚30年の記念に夫・勝野洋に贈った「うたた寝キルト」は制作期間およそ1年。共に俳優である夫と息子をイメージした2頭の馬の周囲に、輝き続けることを願って星をデザインした愛情溢れる秀作だ。

「一針一針、縫い進める時間の流れは穏やかで、私にとっては癒しのひととき。夫は自分のために時間を費やしてくれたことがうれしいと喜んでくれました」

 作品制作、キルト教室での指導、テレビ出演など多忙な日々を過ごすが、近頃終活も頭をよぎる。「今でも“勝野さんに見られている!”と気づくとキュッとお腹を引っ込める」というほど、最愛の夫と過ごす時間を最も大切にしている。夫婦ふたりきりで行く海外旅行も増えた。「日本を離れて過ごす時間はとても貴重で、今後の人生についても熱く語り合います。いつまでも旅ができるよう、今は“元気でいようね”が合言葉です」

【プロフィール】きゃしー・なかじま/1952年、ハワイ・マウイ島生まれ。1969年にモデルデビュー。1979年、俳優・勝野洋と結婚。ハワイアンキルト作家としても活躍し著書多数。原案を担った舞台『すなっく ラ・ボエーム』が5月15日より東京・俳優座劇場にて上演。

◆撮影/渡辺達生、取材・文/スペース リーブ

◆小学館が運営する『サライ写真館』では、写真家・渡辺達生氏があなたを撮影します。詳細は公式サイトhttps://serai.jp/seraiphoto/まで。

※週刊ポスト2018年5月25日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン