• TOP
  • 国内
  • 新潟女児殺害、事故扱いを回避できた“遺体との会話”

国内

2018.05.18 07:00  女性セブン

新潟女児殺害、事故扱いを回避できた“遺体との会話”

事故現場付近では連日検問が続いた(撮影/共同通信社)

 新潟県新潟市の大桃珠生(たまき)ちゃん(享年7、小学2年生)が殺害され、JR越後線の上り列車の線路に遺棄された事件で新潟県警新潟西署捜査本部は5月14日、死体遺棄と死体損壊の疑いで現場近くに住む会社員、小林遼容疑者(23才)を逮捕した。

 なぜ線路に遺体を置いたのか──その理由を巡って事件発覚当時、活発に議論された。全国紙記者が語る。

「殺人を隠すための偽装工作だとみられます。電車に轢かせて、遺体を大きく損傷させることで死因を隠蔽できると考えたのでしょう。珠生ちゃんの自宅にも近く、着衣に大きな乱れがあるわけではなかったため、容疑者は“子供が夜フラフラと線路に迷い込んで事故に遭った”または“自殺を図った”というシナリオを描き、『他殺』から目を背けさせようとしたのでしょう」

 実際に、現場には「事故だろう」と漏らす捜査関係者もいたようだ。犯人の術中にはまり、轢死体の状況を見て、“事故”扱いで処理されていた可能性もあったわけだ。捜査関係者が明かす。

「現場の様子に違和感を持つ捜査員もいました。田舎の単線とはいえ、大きな声ではいえませんが、年に数件は飛び込み自殺が起きます。その度に現場検証を行いますが、今回はいつもと違い、“出血が少なかった”んです。幼い子供だったからとも考えられましたが、何か不自然だぞと。そこで、急いで遺体を司法解剖に回したんです」

 今年1~3月に放送されて注目されたドラマ『アンナチュラル』(TBS系)。主演の石原さとみ(31才)が演じたのは、警察や自治体からの依頼を受けて「不自然な死」を遂げた遺体を解剖するなど、法医学の知識を駆使して事件や謎を解決する法医解剖医だった。

 法医学の権威で、監察医として2万体以上の遺体を解剖した上野正彦さんが指摘する。

「法医学の仕事を簡単にいうと、事件を解決するための資料として変死体の死因を解明することです。遺体に残された傷跡や血痕などの些細な手がかりから、死亡時の状況や死因を探ることが法医学の役割であり、時には犯人像の推理まで行います」

 7日22時30分頃、事故が起きた。その日の真夜中には、珠生ちゃんの遺体は新潟大学医学部内にある法医学教室に運び込まれていた──。

◆お昼の給食がまだ胃に残っていた

 8日の早朝、警察からの緊急連絡を受けて、新潟大学法医学教室のA教授とその助手たち数名が、キャンパスに駆けつけた。「電車の轢死体に不審な点がある」と連絡を受ければ、すぐに飛んでいかなければいけない。もし事件だった場合、犯人逮捕のために一刻を争うからだ。

関連記事

トピックス