• TOP
  • スポーツ
  • 西武ライオンズ前身・太平洋の「胸番号」珍ユニフォーム伝説

スポーツ

2018.05.26 16:00  週刊ポスト

西武ライオンズ前身・太平洋の「胸番号」珍ユニフォーム伝説

前後逆に着たわけではない(共同通信社)

 プロ野球の世界で球団の“身売り”といえば選手にとっても一大事で、実際に起こると様々な混乱があったという。1967年にドラフト3位で西鉄ライオンズ(現在の西武)に入団した竹之内雅史氏が、ゴルフ場開発会社の太平洋クラブが親会社になった1973~1976年当時の奇妙なユニフォームの思い出を語った。

 * * *
 3年連続日本一になったこともある西鉄ですが、「黒い霧事件」(*1969年に発覚したプロ野球に八百長事件。西鉄の選手を中心に約20名が処分された)以降は戦力が低下し3年連続最下位。人気も衰え、客が入るのは南海戦だけ、入っても1万人という有様でした。

 結局、1972年に太平洋クラブに身売りされますが、この太平洋クラブ時代が辛かった。球団がボールをケチるなど練習環境は最悪。活躍してもカネを出してくれず、遠征先でも食事が自腹という状況で、ほとんどの選手が球団のやり方にしらけていました。

 その4年目に登場したのが「胸番号ユニフォーム」です。背中にも一応、背番号と選手名が書かれていましたが、パッと見はどちらが前か後ろかわからない代物。球団は話題作りのつもりだったようですが、選手からしたらいい迷惑です。他球団の選手から「アメフトでもやるのか」とからかわれましたよ。

 そして、なぜか胸にあるべき球団名がない。「身売りしやすくしたんじゃない?」なんて選手間で冗談を飛ばしていた。あまりに不評だったのと、前期が完全なビリだったため後期から胸番号を廃止したユニフォームに戻したが、結局シーズンを通しての最下位(当時のパ・リーグは前期と後期の2シーズン制だった)。

 翌年、本当にクラウンライターに身売りされた時は驚きました。

●たけのうち・まさし/1945年神奈川県生まれ。日通浦和を経て、1967年ドラフト3位で西鉄入団。独特の打撃フォームで知られ、通算166死球は清原和博に抜かれるまで日本記録。

■取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2018年6月1日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス