芸能

木村拓哉の次女・Koki 巨匠写真家の推薦でモデルデビュー

『エル・ジャポン7月号』より(撮影/操上和美)

 生き残りの激しいモデル業界。新人モデルは野心を抱きその世界に飛び込むが、スポットライトを浴びるのは一握りだけ。そこに現れた若き新星。意志の宿った強いまなざしに、つやのある唇、きめ細かい肌、そしてエキゾチックな顔立ち──。

 5月28日発売の『エル・ジャポン』の表紙を飾ったのは、表情にあどけなさが残る15才の少女。《エル独占!注目の新人モデル Koki,》という文字が躍った。

 両親の名前は一切出さないで活動していきたいと、極秘に撮影が行われたというが、その新人モデルのKoki,(コウキ)が木村拓哉(45才)と工藤静香(48才)の次女というのは瞬く間に伝わった。

《チャームポイントは目と、両目の横にあるホクロです(笑)。母には右、父には左の同じ位置にホクロがあるんですけど、私のふたつのホクロは両親それぞれからもらったギフトだと思っています》

 本人がインタビューでこう語っている通り、ふたりの面影は色濃く、ファンの間では父親似だ、いや、母親似だと論争が起きたほどだった。15才にして170cmという長身は天賦のものか。

「ブルガリ、シャネル、ルイ・ヴィトン、グッチ…グランメゾンの新作に身を包んでいますが、服負けしない抜群の存在感。新人モデルがこれらのブランドを着るのも前例がないことで、特集が9ページにわたっているのも異例。でもその異例中の異例もKoki,なら当然と言わせてしまうオーラがある」(ファッション誌関係者)

 モデルデビューのきっかけは世界中のセレブリティーを撮影している広告写真界の巨匠・操上和美氏(82才)の推薦だったという。

「名だたる著名人を撮影してきた操上氏ですが、木村さんとの親交も深く家族ぐるみのつきあい。Koki,ちゃんの生後1か月の写真を撮ったのも操上氏でした。昔から“モデルをするなら、ファーストショットは絶対におれが撮る”と口にしていましたが、まさに今回実現したわけです。現場で静香さんはそっと見守っていたようですが、母の心配もよそに堂々たる撮影で、カリスマの目にとまるのも当然だなと思いました」(前出・ファッション誌関係者)

 モデルデビューしたいという次女に両親が反対することはなかった。

「テレビやバラエティーではなく、海外でも活躍できるモデルになりたいとKoki,ちゃんは考えているそうです。静香さんと木村さんは、“厳しい世界かもしれないけど、やりたいと思うことは始めてみなければ、向き不向きがわからない。やりたいと思ったらこれからも挑戦していくべき”とエールを送ったそうです」(木村家の知人)

※女性セブン2018年6月14日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン