国内

ドン・ファンと55歳年下妻 実際の出会いは著書の記述と違う

葬儀後、帰宅した妻のSさん

 はるか年の離れた妻を娶った大金持ちが、入籍して間もなく死ぬ。大病もなく、それどころか前日までピンピンしていたのに──。小説やドラマでは使い古された“舞台設定”だが、それが現実の世界で起きた。

「そんなに死んでほしかったんか!」──遺族のひとりが声を荒らげた。

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)が急死したのは5月24日。遺体は検死のために警察に運ばれ、5日後の29日にようやく通夜が営まれた。その会場で怒号が響いた。親族の怒りの矛先は喪主に向けられていた。野崎氏の妻だ。

 野崎氏は和歌山県田辺市で酒類販売業や不動産業などを営む実業家で、資産は50億円あると言われている。彼の名を一躍有名にしたのは、2016年2月の“事件”だった。当時交際中だった50歳近く年下の自称モデルに「自宅から現金600万円と貴金属、合計6000万円相当を盗まれた」と報じられたのである。

“好色のジジイがカネ目当ての若い女性に裏切られた”としてワイドショーなどで面白おかしく取り上げられたのだが、取材に対して、高級デートクラブなどに登録し、カネを払って若い女性と関係を持っていたことを堂々と告白した野崎氏は「紀州のドン・ファン」と呼ばれるようになった。女性との交際に費やしてきた総額は30億円にものぼるという。

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン