国内

進む拉致被害者家族の高齢化、横田夫妻が置かれた残酷な状況

滋さんの入院から2か月。早紀江さんは病院と自宅を往復する生活

 つい半年ほど前まで、「東京を火の海にする」と叫びながら日本海にミサイルを撃ち込んできた北朝鮮。それが突然の“微笑み外交”なんて嘘くさいが、米朝首脳会談は実現した。拉致被害者家族たちは「期待しすぎるとあとでつらい思いをする」と冷静ながらも、並々ならぬ思いで行く末を見守っている。本当にこれがラストチャンスかもしれない。

「今、お父さん(夫の滋さん・85才)が入院する病院に行ってきたところです。もう、忙しくて、忙しくて…。米朝会談ですか? なにもわかってないでしょう。もう、しょうがないですよ、どうにもならない。私たちは親だけど、どうにもならない…」

 神奈川にある自宅前で、横田早紀江さん(82才)は、両手に大きなバッグを抱え、疲れのにじみ出た表情でそう語った。米朝首脳会談を目前に控えた6月上旬の午後だった。

 苦節41年。13才のわが子・めぐみさんを連れ去られたあの日から、あまりにも長い時間が経っていた。米朝トップ会談は、一筋の光となったのか、それとも──。

 6月12日、史上初の米朝首脳会談がシンガポールで行われた。朝9時から昼過ぎまで、たっぷりと語り合ったドナルド・トランプ大統領(72才)と金正恩委員長(34才)。数か月前まで、「アメリカの老いぼれの狂人」「北のロケットマン」と罵詈雑言を飛ばし合っていたとは思えないほど終始笑顔。何度も握手し、肩や背中を触りあい、親密さをアピールした。全国紙国際部記者の解説。

「今回の会談の焦点は、北朝鮮の完全な非核化でした。トランプ氏はずっとこれを強く主張してきましたが、そう簡単なものではないことに気づいたのか、会談直前に“核廃棄は急がなくていい”とトーンダウン。トランプ氏は会見で“すぐに非核化のプロセスに取りかかる”と強調しましたが、結局、段階的にやるという玉虫色の結論でした」

 世界の注目を集め、サプライズの合意文書へのサインが行われ、会見ではトランプ氏が成果を強調した。しかし、実際には具体的な進展はほとんどなかったというのが、本当のところだ。そもそも、過去に何度も合意を無視してきた北朝鮮が、これから本気で取り組むのかを疑問視する専門家も多い。

 そして、日本にとっては最大の関心事といえるのが、拉致問題だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン