「早紀江さんは滋さんの看病だけでなく、拉致問題への理解と支援を得るために講演活動を積極的にこなし、その回数はすでに1300回を超えています。家族会関連の書類の整理や会見などのほか、家庭の主婦として家事もこなさなければいけない。めぐみさんの弟とその子供も一緒に暮らしているそうで、孫の世話にも追われているそうですから、負担は相当のものです。

 最近は滋さんが入院する病院で点滴治療を受けることもあるそうです。なんとかめぐみさんを取り戻したいと、疲れた体に鞭打ってがんばってこられましたが、体力的にも精神的にもかなり厳しい状況に追い込まれています」(前出・家族会関係者)

◆今回を逃したら永遠に帰って来ない

 そんな中、今年2月頃から突然、金正恩氏が急激に態度を軟化させ始めた。早紀江さんたち家族会がこの流れを“最後のチャンス”として期待をしなかったはずはない。そして決まった米朝首脳会談。

 早紀江さんは5月中旬、「ちょっとだけ希望を持ちながらあまり喜びすぎると大変なことになるので…」と複雑な胸中を明かした。家族会の代表を務める飯塚繁雄さん(80才)は会談前日の会見でこう語った。

「今回を逃したら私たちの家族は永遠に帰って来ないという覚悟をしないといけない」

 もう本当に時間がない──家族会の悲痛な思いが伝わってくる。ある政治ジャーナリストが語る。

「北朝鮮は拉致問題の解決を訴える安倍政権を嘲笑しているし、トランプ大統領からも拉致問題を重視している姿勢は見えません。せっかく北朝鮮側から歩み寄ってきている千載一遇のチャンスでも、安倍首相が呆然と眺めているだけでは被害者が帰ってくることはありえません。“外交の安倍”を自称し、拉致被害者の全員帰国を政権の公約に掲げているのであれば、この米朝会談の機会を生かし、あらゆる手を使って、北朝鮮当局との拉致問題の交渉のテーブルをセッティングすべきです。今までの安倍首相の拉致問題交渉はことごとく失敗してきましたが、今回の失敗は許されません」

 滋さんは病室に飾ってあるめぐみさんの写真を眺め、会談に期待を寄せていた。そんな病床の滋さんに、早紀江さんはこう声をかけたという。

「もうすぐ帰ってくるかもしれないから、がんばらなきゃいけないよ」

※女性セブン2018年6月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン