ライフ

歯科医が「がんが消えるサプリ」を広告していた珍事に批判

怪しげな歯医者に要注意(写真はイメージ)

 専門外なのに、なぜかがん治療についても一家言あるかのようにふるまう歯科医がいる。発売即重版の話題書『やってはいけない歯科治療』著者のジャーナリスト・岩澤倫彦氏がレポートする。

 * * *
“進行再発乳がん・肝臓転移・骨転移が、高濃度ビタミンC点滴+免疫治療サプリメント内服で、3ヶ月で腫瘍が完全消失”

 この「がん治療サプリメント」の広告を見た時、私は目を疑った。なぜなら“歯科医院”のホームページに掲載されていたからだ。

 キノコからの抽出物などから製造したという「免疫治療サプリメント」の費用は1ヶ月分・30錠=3万7800円。

 セットで効果がアップするという「高濃度ビタミンC点滴」は、50g=1万6000円。口腔がんの治療や、重度歯周病にもオススメだという……。がん治療が専門の勝俣範之教授(日本医科大・腫瘍内科)は厳しく批判する。

「これは悪質ですね。がんが消えるサプリメントなんて存在しません。インチキです。それに歯科医が、全身のがん治療を行なっているのなら、大問題でしょう。高濃度ビタミンC点滴の効果は、科学的に証明されていません。だから、気休め程度でお金の無駄です」

 つまり、がんサプリや高濃度ビタミンCは、“誇大広告”、もしくは“虚偽広告”となる。今月から施行された、厚生労働省のネット広告規制に違反している疑いが強い。この歯科医院は私の指摘後、サプリの効果に関する記述を修正した。

※週刊ポスト2018年6月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン