• TOP
  • 芸能
  • テレビ新広島・西山アナ 父・大木こだまから言われた言葉

芸能

2018.07.22 16:00  週刊ポスト

テレビ新広島・西山アナ 父・大木こだまから言われた言葉

実は”あの人”の娘です

 地方テレビ局の女子アナの中には、意外な顔を持つ女子アナも多い。「私、実は“あの人”の娘なんです!」と打ち明けるのは、テレビ新広島の西山穂乃加アナ。「チッチキチー」のフレーズでお馴染みの大木こだま、海原さおりを両親に持つ漫才師のサラブレッドだったのだ。

 * * *
 就職活動の時、父からは「芸人以外なら何でもいい」と言われていました。アナウンサーを目指したのは、4歳年上の姉(フリーアナの西山加朱紗)への憧れからです。

 実家に帰ると、父母からアドバイスをもらうこともあるのですが、父には「トークでオチのない話はするな」と厳しく言われています(笑い)。

 入社の時、「漫才師とアナウンサーじゃ仕事は違うけど、スタッフさんや技術さん、他にもたくさんの方々のお陰で仕事ができるのは同じだ。そのことを忘れずに、どんなに忙しくても周囲に感謝しなさい」と言われた言葉は今も胸に残っています。

 これからも謙虚で面白いアナウンサーを目指して、広島で頑張っていきたいと思います。

【プロフィール】1993年生まれ、大阪府出身。同志社大卒。『スポーツLOVERS』(土曜16:55~)MC。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

関連記事

トピックス