芸能

園子温監督、ハリウッドへ「日本のプロセスに飽き飽きした」

ハリウッドデビューを発表した園子温監督にインタビュー(撮影/疋田千里)

 これまでに数々の国際映画祭で受賞し、全くの無名だった吉高由里子をはじめ、満島ひかりといった女優たちの埋もれていた才能をも次々に開花させていった映画界の鬼才・園子温監督。5月にハリウッドにおけるデビューを明かした園監督がこのほど、自由について縦横無尽に語り尽くした『獣でなぜ悪い』(文藝春秋)を上梓した。「自由でいるために挑み続ける」という園監督に、映画業界の今と今後の自身の展望について聞いた。

──ご本に公私のパートナーである神楽坂恵さんのことやご家族のことも綴られていましたが、実は勝手ながら、園監督は結婚をされない主義なのかと思っていました。

園監督(以下、敬称略):ぼくも結婚すると思ってなかったの。

──女優には興味がないとおっしゃっていましたが、神楽坂さんには特別な何かが…?

園:なんだろうな、『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』っていう映画で裸の濡れ場も体当たりでやってくれたのを見て、責任を持とうかなっていうか(笑)。まぁ、傷物にしたなぁって感じで、ぼくが面倒みます、みたいな気持ちが多少なりともあったと思うけど。まぁ、いろんなタイミングだと思いますね。

──監督にとって神楽坂さんはどんな妻であり、女優でしょうか?

園:女優という目で見てないです。だってそもそも最初は人間、女性でしかないから。そういう意味で、今の若手の女優には魅力を感じることがほとんどないんですよね。人間力が少ないから。女優としてチヤホヤされてるけど、他に何か尊敬すべき点がないというか。その点、自分の奥さんは、女優であるかどうかは全く関係なくすごく尊敬しているんです。いつも落ち着いて、非常に的確な判断をしてくれるからうれしいなと。

◆活動の場を海外へ

──今、中国の仕事も増えてきていると。活動の場が広がっているのでしょうか?

園:さまざまな国にさまざまな価値観があって、その中では確実に日本での立場とは変わるので、それを面白がるのは非常にいいなと思いますよね。

──低予算の映画からビッグバジェットの映画製作まで経験して、今はまた原点に立ち返りたいとのことですが?

園:日本で映画を作る時にはビッグバジェットで作る意味なんてひとつも感じられないんだけど、何か面白い映画なら低予算でも作りたいなと思いますけどね。今はハリウッドで映画を作ることを中心に考えていて、来年はニコラス・ケイジ主演でアクション映画を撮ります。エンタメに関しては今後ハリウッドを中心にやっていこうかなと思ってます。

──この先はステージを日本からハリウッドへ?

園:日本人の監督がひとりもあっちで活躍できていないのは情けないなと思っていて。

──アメリカではどのように活動していく予定ですか?

園:まず向こうでずっとやり続けるっていうことですね。みんな1本くらい撮ったらすぐ帰ってきちゃってるので、まずは持続してやり続けるのが大切かなと。

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン