• TOP
  • ライフ
  • 【井上章一氏書評】国力が劣ると知ってなぜ日本は開戦したか

ライフ

2018.08.02 16:00  週刊ポスト

【井上章一氏書評】国力が劣ると知ってなぜ日本は開戦したか

『経済学者たちの日米開戦 秋丸機関 「幻の報告書」の謎を解く』/牧野邦昭・著

【書評】『経済学者たちの日米開戦 秋丸機関 「幻の報告書」の謎を解く』/牧野邦昭・著/新潮社/1300円+税

【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 旧大日本帝国は、一九四一年の一二月八日に、対米戦争をはじめている。今、ふりかえれば、勝つ見込みのない無謀な決断だったなと、誰しも思うだろう。いや、じつは当時の陸海軍首脳部だって、そのぐらいのことなら見きわめていた。勝利はおろか、戦線の維持さえ困難になることを、たたかう前から了解していたのである。

 アメリカとやりあって、日本は勝てるのか。そんな検討は、開戦前から、いろいろこころみられている。そして、多くの報告は、それがむずかしいことを、軍部の中枢につたえていた。この本がとりあげたいわゆる秋丸機関のレポートも、否定的な見解をしめしている。いくつもの経済指標を例示して、敵のほうがはるかに強大であることをうったえていた。

 そんな秋丸機関の報告書を、軍はにぎりつぶしたとする通説がある。これは、日本の不利をあきらかにして、軍の足をひっぱる報告である。世の表へだすわけにはいかない。そうみなし、闇から闇へほうむったと、しばしば語られる。そして、さしたる根拠もなく、後世はこの通説を、さもありなんとうけいれてきた。

関連記事

トピックス