• TOP
  • 国内
  • 健康作りで通うスポーツジム 張り切って死にかけるシニアも

国内

2018.08.05 16:00  週刊ポスト

健康作りで通うスポーツジム 張り切って死にかけるシニアも

ジムで汗を流すのは良いが…

 スポーツジムは今、健康志向のシニアで連日大盛況だが、シニア会員によるトラブルが頻発。プールで井戸端会議を始めたり、スーパー銭湯代わりに利用したり、女性インストラクターをナンパする男性など“困ったシニア”に頭を悩ませられるケースは少なくないようだ。そして、会員本人が張り切り過ぎてトラブルになるケースもある。神奈川県内のジムに通う60代男性が打ち明ける。

「毎日のようにプールで熱心に水中ウォーキングをしている70代後半と思しき男性がいるのですが、いつも決まって途中で股間を押さえながらプール脇のトイレに駆け込むんです。“まさか水中で漏らしているのでは……”と利用者は不安がっていますが、“証拠”がないので注意もできません」

 千葉県のあるジムでは救急車の出動騒ぎもあった。

「誰とも話をせず、いつも黙々と運動しているシニア男性がいました。先日、運動を終えたその男性がロッカーでぐったりしていたので『大丈夫ですか』と声をかけると、『放っておけよ!』と怒鳴られた。でも放置された男性はそのまま動けず、スタッフが大慌てで119番していました。軽い脳梗塞で、幸い一命は取り留めたそうですが、健康づくりのためのジムで死にそうになるなんて、本末転倒です」(ジム関係者)

関連記事

トピックス