芸能

綾瀬はるか、佐藤健を「たけちゃん」と呼び芸能界タブー破り?

撮影現場では仲がいいゆえに、けんかも(写真/時事通信フォト)

 芸能界、とくにドラマのキャスティングには共演タブーのNGリストが存在する。「キャラかぶり」や「ライバル関係」「不仲」などさまざまな理由があるがいちばん多いといわれるのは「元恋人」だという。

 そのタブーが破られたと最近話題なのが、綾瀬はるか(33才)と佐藤健(29才)の共演だ。

『義母と娘のブルース』(TBS系)は今期、最も視聴率の高いドラマだ。綾瀬演じる真面目すぎるスーパーキャリアウーマンが竹野内豊(47才)演じるシングルファーザーと結婚。義理の娘の子育てに奮闘するストーリーだが、今後深くかかわってくる男性が、佐藤演じる謎のフーテン男だ。

「ドラマの原作から想像すると、佐藤さんが始めるパン屋で綾瀬さんがパートとして働くという展開。恋仲になる可能性もあるといいますが、よくこの役を引き受けたなと思いますよ」(テレビ局関係者)

 というのも、綾瀬と佐藤は2013年に映画『リアル~完全なる首長竜の日~』で共演。その際、一部週刊誌で交際が報じられたことがあるからだ。

「撮影中にけんかしたことがきっかけで急接近。綾瀬が4才年下の佐藤をたけちゃんと呼べば、佐藤は綾瀬にため口で、完全に恋人モードだという話でした」(芸能関係者)

 当時『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した2人は、あまりの仲のよさに司会の上田晋也(48才)から「どう? 2人がつきあうのは?」と水を向けられたほど。

「でも、それ以降不自然なほど共演ナシ。NGリスト入りしたといわれていましたが、5年もたって解禁されたんでしょうか」(前出・芸能関係者)

“共演解禁”となった2人は、7月6日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に揃って出演。ブランクを感じさせないどころか驚くほどの仲のよさを見せた。おそろいのスニーカーを履いて登場、綾瀬の靴紐がほどけると、佐藤がさっと膝を突き、紐を結び直す。テンションが上がった綾瀬がおもわず「たけちゃん」と呼んでしまう場面もあった。

 収録現場での2人の様子をドラマ関係者が語る。

「佐藤さんが綾瀬さんに“人の話を聞いてないなぁ”また“ボーッとして”“この意味わかる?”など笑いながらいじると、綾瀬さんが、“(佐藤のことが)嫌いかも…”とプーッとふくれて佐藤さんが笑う。溶けちゃうというか、甘いというか、いい雰囲気ですよ」

 ストーリー以上に2人の楽屋が気になる──。

※女性セブン2018年8月23・30日号

関連記事

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン