ライフ

東京の絶品「焼き鳥店」4選 手仕込み大串、7大ご当地串など

渋谷の名店「鳥竹」(撮影/岩本 朗)

 煙の中から旨い香りが立ち上がる「焼き鳥」──。全国には地元で長年愛される老舗の焼き鳥店から、若者に人気のオシャレな店まで様々あるが、今回は東京で絶品の焼き鳥が味わえる4店を紹介しよう。

●鳥竹 二丁目店(東京・渋谷)

 昭和38(1963)年創業の繁盛店『鳥竹』。渋谷・道玄坂に店を構える総本店が、今年6月に2号店を開業。総本店と変わらない流儀で56年続く焼き鳥の味を届ける。

「うなぎ串」と呼ばれる太めの竹串に国産の新鮮な丸鶏からさばいた肉・内臓が刺さり、一串のサイズが大きいのが特徴。

 鶏の尾骨に近い部位の「ボンボチ」(378円)は、元は三角に近い形の肉からピンセットで骨を一つひとつ外し、包丁を入れ平らにしている。こうすることで肉の厚さが均一になってムラなく火が通り、脂の味わいを保ったまま柔らかい食感が残る。

 人気のつくね(346円)は注文後に生のタネから焼くなど、すべての串に手仕事が行き届き、あれもこれも頼みたくなる美味しさだ。

【鳥竹 二丁目店】東京都渋谷区道玄坂2‐6‐3
・12時~22時半(L.O.)/休みはお盆、年末年始に5日間ずつ

関連キーワード

関連記事

トピックス