ライフ

「ちっさなわしらの酒屋」と客が熱烈支持する大阪・曽根崎の店

取材した日は『角打ちの日』(7月11日)。みんなで乾杯!

 『曽根崎 松浦商店』は、大阪ステーションシティや大阪駅前ビルといった超巨大ビルがそこここに林立する梅田、曽根崎界隈にある。
 
 そんな中にあって、こちらの店は2代目店主の松浦知弘さん(44歳)が、自ら「うちみたいな狭い店、よそにはないんじゃないですかね」と言うほどで、角打ち女子などを連れて行ったら思わず、かわいいーっと叫んでしまうほどの狭さ。
 
 しかし、常連客の間では、「10人も入ったらもう身動きとれへん、ちっさな酒屋やけど、ここで飲んでるとほんわかするんよ。こんな店があるってことが大阪のええとこや思う。わしらの酒屋さん、頑張ってはるわ」、「初めてのお客さんがいても、店に入った瞬間から、袖すり合っちゃうわけですよ。すぐに仲良くなれて、おいしい酒を一緒に飲める。狭いからこそです」と、強烈に支持されている。
 
 面積は狭隘(きょうあい)でも、逆に広い心で迎えてくれるというわけ。
 
 両親(嘉弘さん・82歳、眞知子さん・76歳)が同町内にあった曽根崎公設市場で松浦商店を始めたのが昭和42年。しかし、再開発計画によって市場が閉じられることになり、3年ほど前にこの場所へ移転してきた。
 
「それまでの店は酒屋専門で、角打ちはやっていなかったんです。でも、新しい場所に移って、酒屋だけでやっていけるか不安だったし、自分としては以前からやりたいと考えてもいたんで、思い切って(角打ちを)始めたわけですよ。しかしね、店全体で4.9坪、お客さんの角打ちスペースが3坪しかない。この狭さが実は大きな心配ネタだった。ところが、それが、皆さんに愛してもらえる理由になっているみたいなんです。このあたりには、酒屋がやっている角打ちの店はないっていうのもよかったのかな」(知弘さん)
 
「お母(か)ん(眞知子さん)が店に出る水曜日には、必ず来るようにしています。話ができるだけで、ほかの日以上にほんわかできちゃうんですよね。そんな人が何人もいて、水曜日の顔が揃うと、つい1杯が2杯、2杯が…って感じになるんです」(50代、コンサルタント業)
 
「狭いのはあかんとか言う同僚を連れてきたことがあるんやけどね。今じゃ、『この店には、いらない物はない、いる物しかない。だからこその狭さなんやなあ』なんて言って、毎週来ているようです。引退したはずのお父(と)ん(嘉弘さん)や、この3月に結婚したばかりの知弘さんの奥さんも手伝っているしで、とてもいい雰囲気なのも好きみたいですわ」(50代、営業)

関連キーワード

関連記事

トピックス

子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン