スポーツ

伝説の騎手・藤田伸二氏、藤田菜七子の客寄せパンダ化を批判

先輩からの”愛のムチ”?(時事通信フォト)

 競馬界で「菜七子フィーバー」が止まらない。8月19日、藤田菜七子騎手(21)がJRA女性騎手史上初となる1日2勝を挙げ、通算34勝を達成。2016年のデビューから3年目で女性騎手のJRA最多勝利記録に並んだ。

 翌20日には北海道帯広市で、鉄ソリを引く「ばんえい競馬」に初挑戦。帯広競馬場には2000人の来場者が押し寄せた。すでにGIレースの騎乗条件である31勝をクリアしており、「この秋にもGIデビューか」と、期待は高まるばかりだ。

 アイドル的人気だけでなく、実績も着々と積み上げつつあるが、そんな彼女を「あいつがGIに乗れるわけねーだろ」とぶった切る「藤田」がいる。元JRA騎手の藤田伸二氏(46)だ。

 1991年にデビューし、2015年の引退までに歴代8位(当時)となる通算1918勝をマーク。武豊に次ぐ21年連続重賞勝利、ダービーを含む重賞通算93勝(歴代8位)など数々の記録を持つ伝説のジョッキーだ。

 2013年には現役でありながら競馬界を痛烈に批判する『騎手の一分』を著し、大反響を巻き起こした。

 2015年に引退後、札幌市内でバー経営に携わる藤田氏は、同姓の後輩女性ジョッキーについてどうしても黙っていられないようだ。

「140人くらいGIレースの騎乗資格を持つ騎手がいる中で、実際に乗れるのは18人。たった34勝しただけで乗れるほど甘い世界じゃない。菜七子と同期でもっと勝ってる騎手はいっぱいいるのに、なんで菜七子だけ乗れるわけ? オーナーが話題作りで乗せる可能性はあるけど、本当にそんなんでいいのか。経験不足で取りこぼしも多い。オーナーも馬を出す以上は勝ちたいから、少なくとも有力馬は回ってこないと思う。デビュー直後から芸能事務所に所属してたり、オレにはJRAの客寄せパンダにしか見えないんだよ」

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン