芸能

木村拓哉は「かっこいいキムタク」求める声にどう応えたのか

『検察側の罪人』で「覚悟」を見せた木村拓哉

 木村拓哉(45歳)と二宮和也(35歳)の初共演で話題を呼んでいる映画『検察側の罪人』。この作品で木村が見せた覚悟とは? コラムニストのペリー荻野さんが迫る。

 * * *
『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系・8月21日放送)に木村拓哉と松重豊が出演。映画『検察側の罪人』PRのためだということは十分承知していたが、やっぱり興味深いものがあった。

 スタジオの若手芸人たちにキャーキャーと大騒ぎされる中、登場した2人は、どうふるまうべきか、困惑気味。司会のヒロミと20歳くらいのころ、仕事をしていた木村は、当時、会うたびにヒロミに腹パンチを受けていたというトークでリズムもつかんだものの、木村以外、まったく知り合いがいない松重は、まだまだ困り顔だ。

 そんな中、大の木村拓哉ファンだというインディアンスの木村亮介がドラマの名セリフを言いながら、「髪形までマネしていた」と熱弁をふるうと、なんと拓哉が亮介をハグ。感激した亮介は、「消えてまう~」とメロメロになってしまった。

 その後も、「バルーンで作ったハーレー」にまたがり、『北斗の拳』のキャラクターのセリフを言ったり、芸人たちが作ったギョーザを食べて感想を述べたりと、さまざまなことをした木村拓哉。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)では、ゲストに料理を作り、おもてなしする側だったが、おもてなしされる側になったのだということが、はっきりした瞬間でもあった。

 加えて木村の場合、おもてなしするより、おもてなしされるほうが、とても難しいのだと、よくわかった。スマスマ時代は、「真剣に料理を作る」「ゲストの得意技でストラックアウト等のゲームをする」「ピンクの着ぐるみでペットのPちゃんになる」など、さまざまなことをしてきたが、それらは全部「トップアイドルが面白いことをする」という立ち位置が決まっていた。しかし、ゲストともなると、芸人側に入り込んで面白すぎるのもどうかと言われ、かといって上から発言をするのも似合わない。松重のように困惑一直線のほうが、見ていてほっとするのである。

 実はそれと同じようなことを、『検察側の罪人』にも感じたのだった。木村演じるエリート検察官最上と、二宮和也演じる若手検察官沖野が、ある事件の捜査について激しく対立する。やがて沖野は、ひとりの容疑者に執着しているかに見える最上に対して疑問を抱き始めるのだ。

 予告編の激しいセリフを応酬だけでも、主演2人の気合が伝わってくる。さらに木村は、全編にわたって、暗くて重い、カッコよさとは別の見たことのない表情をしてみせる。私が知る限り、「見たことのない木村拓哉」は、失明した武士を演じた、山田洋次監督の映画『武士の一分』以来である。

 木村は、40代半ば。誰もが若手ではない自分のあるべき姿に悩む時期ともいえる。だが、木村亮介のごとく、世のファンはこれからも「かっこいい木村拓哉」を求め続ける。「永遠の〇〇」と言われるスターは、そう運命づけられてきた。その求めに応じ続け、なおかつ、新たな表現を探し続ける。誰も分け入ったことのない、微妙なバランスの道に進む木村拓哉の覚悟を、この映画で見た気がする。

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
尹錫悦・大統領(右)の対日協調路線は、李在明氏の影響で…(写真=AA/時事、AFP=時事)
韓国・尹錫悦大統領、ライバル・李在明氏の国政進出で早くも反日転向か
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
二階派に動き?(時事通信フォト)
二階俊博・元幹事長に不気味な存在感 日韓関係修復で総理を出し抜く計画か
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン