芸能

落語の好企画、二ツ目・柳家わさびの三題噺を先輩が演じる

注目の二ツ目、柳家わさびを落語通が語る

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、三題噺を創作する勉強会を毎月開いている注目の二ツ目・柳家わさびの新作を先輩に演じてもらう企画「三題噺トリビュート」についてお届けする。

 * * *
 飄々とした口調と草食系の風貌が醸し出す独特な雰囲気が人気の二ツ目、柳家わさび。古典の実力派だが、トボケた新作もまた楽しい。

 7月23日、内幸町ホールで「柳家わさび 三題噺トリビュート」という会が開かれた。わさびは毎月神保町・らくごカフェで三題噺を創作する勉強会「月刊少年ワサビ」を開いているが、そこで出来た作品を先輩に演じてもらおうという企画がこの「三題噺トリビュート」。第1回のゲストは柳家喬太郎だ。

 まずはわさびが喬太郎から教わった『仏馬』を。埋もれた古典を喬太郎が掘り起こした演目だ。酔っ払った坊主が木に繋いであった馬を放し、連れの小坊主に「馬に荷物を載せて寺へ帰れ」と命じて寝てしまう。そこへ馬の持ち主がやって来たので坊主は「仏罰に当たって馬の姿に変えられておりましたが、先ほどお釈迦様に赦されました」と嘘をつく、という噺。ほのぼのとした雰囲気がわさびに似合っている。

 喬太郎が演じた『出待ち』は「月刊少年ワサビ」初期に「宝塚歌劇団/人間失格/忘れ物」というお題で作られたもの。極度に内気で無口な高校生の山田は「太宰治研究会」唯一の部員。顧問の教師に「女子が出待ちしてファンレターをくれるかも」とそそのかされて、文化祭で『人間失格』の朗読をすることに。本番直前、不良に本をすり替えられて苦境に陥ったかと思いきや、山田は『人間失格』を丸ごと正確に暗記していて、本を持たずに見事に朗読に成功、期待どおり下級生の女子が手紙を持ってやって来る……。

関連キーワード

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン