• TOP
  • ライフ
  • 社内不倫で“離婚”“やり直し”を分けるポイントは何か

ライフ

2018.09.05 16:00  女性セブン

社内不倫で“離婚”“やり直し”を分けるポイントは何か

社内不倫 やり直しのカギを握るのは年齢差(写真/アフロ)

 不倫の“王道”は今も昔も社内不倫。ここでのポイントは「年齢差」だと語るのは、不倫調査だけでなく、無料カウンセリングなどの “アフターフォロー”も行う探偵事務所「MR」社長の岡田真弓さん。

「例えば50代の夫が20代の部下と不倫した場合、相手の女性としてもただの遊びだったり、ほかに男がいるケースが多い。この場合は放置しても別れる傾向があり、離婚にはなりにくい」(岡田さん)

 一方で45才の夫が40才の部下と不倫をしたら厄介だ。

「年齢が近くて仕事でもプライベートでも気が合うとなると、お互いに離れたがらない。40代同士だと不倫期間もある程度長くなりがちで、調査結果を見せられた妻が『あ、やっぱりこの人だったんだ』となることが多い。こうした場合、夫婦関係を修正することが難しい」(岡田さん)

 多くの女性にとって、自分の友人が夫の不倫相手になることは悪夢に違いない。A子さん(29才)はそんな悪夢にうなされた1人。大学時代から交際していた夫が、同級生の女友達と不倫に走った。

「私が欠席した大学の同窓会で夫と友人が再会して、密会するように。ありがちな話ですよ」(A子さん)

 夫と友人の裏切りを知り、傷ついたA子さんは離婚を準備したが、結局、夫婦はよりを戻すことになった。

「そうした状況では不倫相手に“人のものを奪いたい”という欲求が強いだけのケースが多い。別にその男性が好きなわけではなく、大切なものを奪いたいだけ。そこをくすぐれば、意外と簡単に身を引きます」(岡田さん)

※女性セブン2018年9月13日号

関連記事

トピックス