国内

「平成四年」はどんな年? 冬彦さん現象や「ねぇ、チューして」

貴りえ婚約も。平成四年にあった主な出来事

 平成最後の夏を迎えている。あなたは、平成の出来事をどれくらい覚えているだろうか? ここでは、平成四年(1992年)を振り返ってみよう。

 夏季冬季、2つのオリンピックが開催された平成四年。冬季では日本過去最多のメダル7個を獲得。夏季のバルセロナ五輪では、女子水泳で14才の岩崎恭子が日本初の金メダル。女子マラソンで有森裕子が銀メダルと、合計22個のメダルを獲得した。

 3月、東海道新幹線に300系『のぞみ』がお目見え。東京~大阪間の所要時間が2時間半に短縮された。

 10代のカリスマとして人気を博した歌手・尾崎豊が急逝したのもこの年。東京・文京区の護国寺で行われた追悼式には、約4万人のファンが集まった。また、同年10月には女優の太地喜和子が乗っていた車が海へ転落。48才という若さでこの世を去った。

 1月の大相撲初場所で19才5か月の史上最年少優勝に輝いた貴花田と宮沢りえが11月に婚約会見。手と手をつないだラブラブ会見後わずか2か月で破局。

 前年から年末年始を挟んだ約20日間、ダスキンのCMキャラクターに起用されると同時に一躍国民的アイドルとなったのが、100才の双子姉妹「きんさん・ぎんさん」こと成田きんさんと蟹江ぎんさん。

 新語・流行語年間大賞のほか、「うれしいような、かなしいような」、貴花田と宮沢の婚約の感想を求められて答えた「はだかのおつきあい」も語録賞を受賞。

 テレビでは、ドラマ『ずっとあなたが好きだった』(TBS系)の冬彦さん現象が巻き起こり、アニメ『美少女戦士セーラームーン』(テレビ朝日系)の決め台詞「月に代わってお仕置きよ」が子供たちに大流行。

 化粧品CMからは「ねぇ、チューして」と唐沢寿明におねだりする水野美紀がブレーク。商品では、ワコールから胸を寄せて上げる『グッドアップブラ』。プチプチとした新触感のタピオカを用いた食品も大ヒットした。

■平成四年の主な出来事
1月7日  米ブッシュ大統領来日
3月5日  千葉・市川一家4人殺人事件
4月7日  日本初の顕微授精ベビー誕生
4月25日  歌手の尾崎豊(享年26)が死去
6月15日  国際平和維持活動(PKO)成立、自衛隊カンボジア派遣(9月~)
7月25日  バルセロナ五輪開幕
10月23日 天皇皇后両陛下が初の中国訪問
11月27日 貴花田と宮沢りえが婚約会見
12月1日  きんさんぎんさんが新語・流行語大賞の年間大賞を受賞
12月19日 『クイズダービー』(TBS系)放送終了。17年の歴史に幕
12月31日 チェッカーズが『第43回NHK紅白歌合戦』出場を最後に解散

※女性セブン2018年9月20日号

関連記事

トピックス

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
(写真/村山康文)
【現地レポート】ベトナム戦争中の民間人殺害事件で新証言「韓国軍は味方側の村を焼き払った」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館[代表撮影](時事通信フォト)
安倍元首相の国葬前にも「自粛」通達 暴力団が国家的な行事に「協力」する狙い
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン