チェッカーズ一覧

【チェッカーズ】に関するニュースを集めたページです。

ゴダイゴはいかにして日本の歌謡界を席巻したのか(1999年の再結成時。時事通信フォト)
日本の歌謡界を席巻した「昭和54年のゴダイゴ旋風」
 昭和の人気音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)の再放送が、6月20日からCS・TBSチャンネル2で始まる。1回目は昭和55年12月25日放送分と発表された。この年、田原俊彦や松田聖子が台頭。アイ…
2020.06.06 16:00
NEWSポストセブン
東山が見せる””理想のジャニーズとは?(時事通信フォト)
デビュー35周年、「ジャニーズ最強」と評された少年隊の実力
 今年、デビュー35周年を迎える少年隊が復活する日は来るのだろうか──。錦織一清、植草克秀、東山紀之の少年隊は1985年12月、『仮面舞踏会』でデビュー。オリコン初登場1位を獲得し、当時の人…
2020.04.26 16:00
NEWSポストセブン
聖子と明菜の1980年代頂上対決 作詞家が見た高次元バトル
聖子と明菜の1980年代頂上対決 作詞家が見た高次元バトル
 この4月でデビュー40周年を迎えた松田聖子(58)。昨年の紅白歌合戦でもメドレーを披露し、いまだトップクラスの存在として音楽シーンに君臨する彼女だが、1980年代に激しいライバル争いを繰…
2020.04.19 16:00
週刊ポスト
藤井フミヤ、“8人目のチェッカーズ”を脱退させた転売事件
藤井フミヤ、“8人目のチェッカーズ”を脱退させた転売事件
 1980年代中頃、有名人の写真を撮るために熱心に追いかけた彼らはいつしか「カメラ小僧」(カメコ)と呼ばれるようになった。まさに言い得て妙のネーミングだが、一体なぜそう呼ばれるように…
2020.02.01 07:00
週刊ポスト
「男性アイドル=ジャニーズ」を決定づけた1980年の転機
「男性アイドル=ジャニーズ」を決定づけた1980年の転機
 今では「男性アイドル=ジャニーズ」という印象を持つ人は少なくない。それほどまでに、ジャニー喜多川氏(享年87)の功績は大きい。だがもし、ジャニー氏が『たのきんトリオ』の一員として…
2020.01.03 16:00
NEWSポストセブン
懐かし映像満載の番組だったが…(『歌のゴールデンヒット』HPより)
とんねるず、久米宏…、懐かし映像がモザイク処理される謎
 懐かし映像にモザイクが掛かるのはどうしてなのか――。10月7日、『歌のゴールデンヒット』(TBS系)が放送された。約4時間にわたって、男性歌手の歴代シングル総売上枚数ベスト100(オリコン…
2019.10.14 16:00
NEWSポストセブン
TBSの呼び掛けも… 表舞台から消えた子門真人氏の謎
TBSの呼び掛けも… 表舞台から消えた子門真人氏の謎
 10月7日、『歌のゴールデンヒット』(TBS系)が約4時間にわたって放送された。6度目となる今回は男性歌手のシングル総売上枚数ベスト100(オリコン調べ)を発表。ベスト3は1位・B’z、2位・Mr…
2019.10.09 16:00
NEWSポストセブン
ネットニュース黎明期に集ったライターたちはこんな面々だった
ネットニュース黎明期に集ったライターたちはこんな面々だった
 今では新聞社・出版社を筆頭に、数多くの企業がニュースサイトを運営しているが、2000年代中頃、ネットニュースが勃興し始めた頃は、まだ海のものとも山のものともわからぬ状態だった。紙媒…
2019.06.01 16:00
マネーポストWEB
平成の紅白は挑戦の連続だった(2018年の紅白に出場したDA PUMP)
平成の紅白歌合戦 打ち切り説を乗り越えた挑戦の歴史
 元号が平成から令和に変わる直前の4月29日、NHKで『総決算!平成紅白歌合戦』が放送された。平成元年から平成30年までの紅白歌合戦をVTRで振り返りながら、第1部では北島三郎、松田聖子、嵐…
2019.05.03 16:00
フジのアナウンサー特番、高視聴率も番組構成に疑問の声
フジのアナウンサー特番、高視聴率も番組構成に疑問の声
 久しぶりにフジテレビに人気アナウンサーは現われるのか──。2月9日、21時からのフジテレビの土曜プレミアム枠で、『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検』が放送され、視聴率11.8%を獲得し…
2019.02.13 07:00
NEWSポストセブン
広島、松山、熊本… 「JR駅と繁華街が離れている街」【西日本編】
広島、松山、熊本… 「JR駅と繁華街が離れている街」【西日本編】
 旅行や出張で初めて訪れる街に泊まる際、注意しなくてはならないのが宿の場所。東京で暮らす人間は「駅前=繁華街」と思いがちですが、地方へ行くと、駅とその街の繁華街が離れていることは…
2018.10.28 15:00
マネーポストWEB
昔も今もアイドルであり続ける田原俊彦という生き方
昔も今もアイドルであり続ける田原俊彦という生き方
 アイドルは卒業しなければならないのか──。ティーンエイジの頃にデビューし、20代になれば『アイドルからの脱皮』が盛んに求められる。アイドルという職業は期間限定のものなのだろうか。 …
2018.10.28 07:00
NEWSポストセブン
83年アイドル、森尾・松本・大沢・木元・桑田・小林座談会
83年アイドル、森尾・松本・大沢・木元・桑田・小林座談会
 多くのスターを輩出した1年上の代「花の82年組」に隠れて“不作”と評された83年デビューのアイドルたち。彼女たちが35年の時を経て再び集結し、「お神セブン」なるグループを結成した。シアト…
2018.09.16 07:00
週刊ポスト
「平成四年」はどんな年? 冬彦さん現象や「ねぇ、チューして」
「平成四年」はどんな年? 冬彦さん現象や「ねぇ、チューして」
 平成最後の夏を迎えている。あなたは、平成の出来事をどれくらい覚えているだろうか? ここでは、平成四年(1992年)を振り返ってみよう。 夏季冬季、2つのオリンピックが開催された平成四…
2018.09.11 16:00
女性セブン
“歌謡界”最後のアイドル「Wink」が打ち立てた数々の記録
“歌謡界”最後のアイドル「Wink」が打ち立てた数々の記録
 無口、無表情、ぎこちない踊り──従来のアイドルであれば、マイナスになりそうな要素がブレイク要因になるのだから、芸能界はわからない。相田翔子(48)と鈴木早智子(49)のユニットで、198…
2018.08.18 16:00
NEWSポストセブン

トピックス